月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子1万mエチオピアのギデイが世界記録を2日で更新!女子初の28分台に迫る29分01秒03


東京五輪に向けたエチオピア五輪トライアルがオランダ・ヘンゲロで開催され、女子10000mでL.ギデイが29分01秒03の世界新記録を樹立した。従来の世界記録は2日前にS.ハッサン(オランダ)が同会場でマークした29分06秒82で、それをさらに5秒以上も短縮。女子世界初の28分台が間近に迫る快記録だった。ギデイは昨年5000mでも14分06秒62の世界記録を作っている。

ギデイは2000mを5分54秒、3000mを8分50秒で通過。序盤からトップを走り、5000mを14分42秒。ここまでは世界記録ペースよりも若干遅れたが、ここからペースを上げてカバー。1000m2分55秒を2度刻み、7000m以降はさらにペースをアップ。残り1周の鐘が鳴った時は27分58秒で、最後の1周を63秒で回った。

ギデイは「世界記録に期待していましたし、自信がありました」と話し、「次は28分56秒くらいを目標にしています」と女子初の28分台を現実的な目標に捉えていた。

2019年ドーハ世界選手権では銀メダル。「前世界記録保持者」のハッサンに敗れている。東京五輪では2人の激突が見られそうだ。

また、同5000mではG.ツェガイが世界歴代5位の14分13秒32をマーク。2位のE.タイエが14分14秒09で同6位、3位のS.テフェリが14分15秒24で同7位にランクイン。14分15秒30未満を同一レース3人が走ったのは史上初となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com