月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

円盤投世界王者のスタールが68m11!男子やり投でクルコフスキが大台に迫るなど投てき中心に好記録/WAコンチネンタルツアーゴールド


6月7日・8日、トゥルク(フィンランド)でコンチネンタルツアー・ゴールドの競技会が開催された。

1日目の男子円盤投ではD.スタール(スウェーデン)が68m11で優勝。スタールは2019年ドーハ世界選手権優勝の28歳。今季は5月に69m71を投げ、現時点での世界ランキングトップに立っている。女子やり投は19年ドーハ世界選手権4位のC.フンソク(ドイツ)66m63の大会新記録で優勝した。男子400mハードルは16年リオ五輪4位のT.バー(アイルランド)が48秒39のシーズンベストでこの種目に勝ち、大会記録を更新した。

2日目には、男子やり投でM.クルコフスキが89m55のポーランド新記録で優勝。90m超えも視野に入ってきた。女子ハンマー投では雨が降るなか76m85の自己記録を持つM.コプロン(ポーランド)が75m40で昨年のシーズンベストを上回り、世界記録保持者のA.ヴォダルチク(ポーランド)を抑えてV。男子のハンマー投はV.ノヴァツキ(ポーランド)が80m77で優勝した。また、女子三段跳では地元フィンランドのS.サルミネンがナショナルレコードとなる14m51をマークし、東京五輪参加標準記録を突破した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com