月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

「毎週マラソンを走っている」福田穣がケニアでの練習を語る/都内で会見


 男子マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)ら世界のトップランナーと同じ「NNランニングチーム」に所属する福田穣が6月8日に都内のエヌエヌ生命保険本社で会見し、約2ヵ月半のケニア合宿の様子などを報告した。

 1月下旬からケニアのカプタガットで合宿し、4月18日にはオランダ・エンスヘーデの空港内特設周回コースで行われた「NN Missionマラソン」に出場。中間点を過ぎてから両脚の腸脛靭帯を痛め、30km手前で無念の途中棄権となったが、2ヵ月半のケニア合宿では自信と手応えをつかんだという。「最初の1ヵ月は全然練習にもついていけなくて、『(自分は)こんなに弱かったのか……』と思わされましたが、毎週同じトレーニングをするうちにだんだんタイムも良くなっていきました」と振り返った。

 標高2450mの高地合宿は「とにかく過酷だった」と福田。毎週木曜日に実施する30~40kmの距離走(ロングラン)は舗装された箇所が2~3km程度しかなく、「1周400m」とされた土のトラックは起伏があり、距離も10m以上長かったという。

「ポイント練習のボリュームが多かったです。3000m×2+2000m×3+1000m×5というメニューでは、リカバリーを200mしか取らなくて驚きました。距離走は3分30秒ペースと紹介されていましたけど、実際には最初の1kmを5分とか6分かけてゆっくり走るだけで、その後は3分ひとケタ。コースはたくさんあって、途中で離されるとわからなくなってしまうので、距離走はいつも歯を食いしばって全力でした。毎週マラソンを走ってるなと思うほどでした(笑)」

練習拠点にしたケニアのトラックは起伏があり、1周も400m以上あったという〔NN Running Team・エヌエヌ生命保険提供〕

 距離走のコースは基本的に不整地で、「最初は1時間50分かかった」という30km走も合宿終盤には1時間40分で走破。チームメイトからも「これならマラソンで2時間7分は切れるよ」と言われるようになったという。レースがロックダウンのために1週間延期され、調整がうまくいかなかったこともあって結果は残せなかったものの、自身の成長は実感しているようだ。

「ケニアの選手はクロカンというよりもトレイル(山道)のようなコースでも、日本トップクラスの選手が平地でやるのと変わらないタイムで走っています。実際に行かないとわからないことばかりなので、日本で練習しているだけではエリウドのような選手にはなれないだろうなと思います。日本の若い選手も(ケニア合宿に)チャレンジしてほしいですね」

 次戦は未定だが、6月下旬には再びケニアへ渡る予定。「秋から冬にはマラソンを走りたい」と、約4ヵ月の合宿を経て練習の成果を試すつもりでいる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com