月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子110mHは金井が13秒40で快勝、石川と高山が同記録で2位、3位/布勢スプリント

◇布勢スプリント(6月6日/鳥取・布勢総合運動公園陸上競技場)

男子110mH決勝は、金井大旺(ミズノ)が13秒40(+1.8)で制覇。4月の織田記念で13秒16の日本記録をマークしている金井は、今季全勝を継続した。

金井は「日本選手権に向けて、高いスピードで走るなかで試合勘を養うことを意識した」そうだが、得意のスタートで抜け出し切れないレースとなり、「今日はうまく走れなかった」と反省する。だが、6月下旬の日本選手権で3位以内に入れば五輪代表内定を得られる立場に変わりはなく、「日本選手権に向けて引き続きがんばりたい」と話した。

石川周平(富士通)と高山峻野(ゼンリン)が13秒48の同タイムで並び、着差ありで石川が2位、高山は3位だった。村竹ラシッド(順大)は決勝を棄権した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com