月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳は竹川倖生が日本歴代7位!4年ぶり自己新5m65で制す/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念が行われ、男子棒高跳は5m65を跳んだ竹川倖生(丸元産業)が優勝した。

竹川は5m35を2回目に成功すると、5m45を1回でクリア。この高さを跳んだ江島雅紀(富士通)と並んだ状態で5m55へ。この高さはともに3回目で跳ぶなど競り合いを見せる。続く5m65を1回で跳んだ竹川に対し江島はクリアできなかった。バーを5m75に上げたがこれは跳べなかったが、日本歴代7位、4年ぶりの自己新で竹川が制した。

「自己ベストを跳んで優勝できてホッとしています」と竹川。法大3年だった18年に5m60を跳び、アジア大会代表にもなった。だがその後は5m50にとどまり、大学4年時には日本選手権、日本インカレ、関東インカレでもタイトルに届かず。昨年は全日本実業団を制し日本選手権3位と見せ場を作ったが、いまひとつ足踏み状態が続いていた。だが、社会人2年目の今季は織田記念で5m45を跳んで優勝し、水戸招待、東京五輪テストイベントと2位に入るなど安定感を見せ、中部実業団で5m50のシーズンベスト。

「筋力がついて体重が2kg増えたのと、ポールの握りの高さが4年前から5~10cm高くなって4m50から55くらいを握れた」と竹川。踏み切りの精度も上がったと実感しており、「あとは踏み切りで右手、左手と曲がってしまうのでしっかり伸ばして突っ込めるようにしたい」と課題も明確だ。日本選手権では「東京五輪の参加標準記録5m80を跳んで優勝したいです」と力強く語った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com