月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

17歳のE.ナイトンが200m20秒11 ボルトのU18世界最高記録更新

◇American Track league第2戦 Duval County Challenge(5月30日~31日/米国フロリダ州ジャクソンビル)

5月31日(現地時間)に米国フロリダ州ジャクソンビルで行われたアメリカン・トラックリーグ第2戦の男子200mで17歳のエリヨン・ナイトン(米国)が20秒11(+1.6)で優勝。15年世界選手権100m銅メダリストのT.ブロメル(米国)や18年欧州選手権100mチャンピオンのZ.ヒューズ(英国)を抑えただけでなく、200m世界記録保持者のU.ボルト(ジャマイカ)が持っていたU18世界最高記録(20秒13)を18年ぶりに更新した。

フロリダ州タンパ出身のナイトンは、ヒルズボロ高校の2年生。中学時代は陸上とサッカーを掛け持ち、高校ではアメフトにも取り組んだ。昨年8月に100mで10秒29、200mで20秒33をマークしたことで、米国内でも天才スプリンターとして注目を集め、今年1月には高校生ながらアディダスとプロ契約を結んだ。

2021年シーズンも快進撃を続け、5月2日には追い風参考ながら100mで9秒99(+2.7)で走っている。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com