月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

小池祐貴が200m20秒59で快勝!「調子が良くなってきた」/木南記念

◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念、男子200m決勝は小池祐貴(住友電工)が20秒59(-0.8)をマークして快勝した。「前半は良かった」と言うように小池らしい走りでグイグイと加速。「80mくらいは良かったですが、コーナーで膨らんでしまってバランスが崩れた」と後半に課題を残した。

「20秒3台が出ればと思ったので残念」と言いつつも、「暖かくなってきたのもあって調子が上がってきた」と手応え十分。勝負と位置づける100mのためにも、この200mの快走は大きな前進となったようだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com