月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男女混合マイルで日本新!東京五輪の出場圏内に浮上/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念で、東京五輪出場を目指す男女混合4×400mリレーのトライアルが行われ、日本代表は3分16秒67の日本新記録を樹立した。日本代表は、青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、佐藤拳太郎(富士通)、川端魁人(三重県教員AC)のオーダー。国内を拠点に活動する長距離ケニア選手らに協力を要請し、急遽編成されたチームと走った。

この結果、日本はこの種目のターゲットナンバー16位以内となる15番目に浮上し、東京五輪の出場圏内に入った。今後、海外でレースを控える国もあるが、6月29日時点でこの順位をキープできれば東京五輪の出場が決まる。

佐藤は「本来なら3分15秒くらいがほしかったが、出場権獲得ラインに入れたのは最低限」と言い、「1枠でも2枠でも東京五輪に挑戦できる種目を増やしたい」と年長者らしくチームを牽引した。青山は「もう少し走りで貢献したかった」と話し、「初めてリレーを走るケニアの選手もいて、たくさんの人に感謝したい」と述べた。6月6日には同じく東京五輪を目指して女子4×400mリレーがトライアルを実施する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com