月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子5000m代表の田中希実が1500mで快勝/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念女子1500mは、日本記録(4分05秒27)保持者で、東京五輪5000m代表の田中希実(豊田自動織機TC)が4分10秒06で優勝した。

ペースメーカーが先導するかたちで最初の400mを67秒、800mを2分15秒で通過。田中はやや離れて3番手を走っていたたが、800mでペースメーカーが離れるとトップに立ち、集団を牽引した。

残り1周の鐘を聞くと、一気にギアチェンジした田中。1200mを3分24秒で通過すると、後続を大きく引き離し、自己4番目のタイムで駆け抜けた。

田中は「ラスト1周を大事にするというテーマの中でシーズンベストを出せればと思っていました。ただ、思っていたよりもタイムが上がらずに残念です」と話した。

3月下旬~5月上旬まで毎週のように試合に出た後はトレーニングに重点を置いてきたという。「5000mを意識した練習を取り組んできた」が「心と体が整ってしっくり練習できなかった」と振り返った。

今月下旬の日本選手権には800m、1500m、5000mの3種目にエントリーする見込み。「まだ、どの種目に出るか決めているわけではないが」としたうえで、「800mはトップ選手とわたりあって、自己ベストが出せるように」、「1500mは五輪参加標準記録(4分04秒20)を突破が理想だが、最低限優勝を」、「5000mはメンバーが全員そろってのレースは未知なので、楽しむことを大事にしたい」と話していた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com