HOME ニュース、海外

2021.05.24

2021年ダイヤモンドリーグが開幕 アッシャー・スミスが地元で勝利/DLゲーツヘッド
2021年ダイヤモンドリーグが開幕 アッシャー・スミスが地元で勝利/DLゲーツヘッド


5月23日、ゲーツヘッド(英国)でダイヤモンドリーグの初戦が行われた。この大会は当初モロッコ・ラバトでの開催が予定されていたが、場所を移して同地での開催となった。

女子100mは地元・英国のD.アッシャー・スミスが11秒35(-3.1)で勝利。アッシャー・スミス2019年ドーハ世界選手権のこの種目で銀メダル、200mでは金メダルを獲得している。雨と強い向かい風の悪条件で記録は低調にとどまったが、今季世界歴代6位の10秒72で走っているS.リチャードソン(米国)や19年ドーハ世界選手権銀メダルのM.タルー(コートジボワール)に先着した。リチャードソンは11秒44で2位、タルーは11秒48で3位だった。

男子棒高跳を制したのは19年ドーハ世界選手権金メダルのS.ケンドリックス(米国)。記録は5m74だった。世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)は5m74に2回失敗、5m80に高さを上げて挑戦したがこれをクリアできずに5m55で2位にとどまり、2020年2月から続いた連勝が23でストップした。

女子走高跳は17年ロンドン世界選手権銅メダルのK.リチュウィンコ(ポーランド)が1m91で優勝。世界選手権3連覇(15年、17年、19年)で、中立選手としての参加が承認されたM.ラシツケネ(ロシア/中立選手)は1m88で4位だった。男子走幅跳には19年ドーハ覇者のT.ゲイル(ジャマイカ)が出場したが、8m00(+2.0)で3位。F.ランダッツォ(イタリア)が8m11(+2.8)で優勝した。ランダッツォは25歳で、自己ベストは8m12(2020)。2位はE.カセレス(スペイン)で8m04(+1.4)だった。

男子1500mは欧州記録保持者のJ.インゲブリグセン(ノルウェー)が3分36秒27、女子砲丸投はA.ドンモ(ポルトガル)が19m08でそれぞれ優勝した。

今季のダイヤモンドリーグは13試合が行われる予定で、次は5月28日にカタール・ドーハで行われる。

5月23日、ゲーツヘッド(英国)でダイヤモンドリーグの初戦が行われた。この大会は当初モロッコ・ラバトでの開催が予定されていたが、場所を移して同地での開催となった。 女子100mは地元・英国のD.アッシャー・スミスが11秒35(-3.1)で勝利。アッシャー・スミス2019年ドーハ世界選手権のこの種目で銀メダル、200mでは金メダルを獲得している。雨と強い向かい風の悪条件で記録は低調にとどまったが、今季世界歴代6位の10秒72で走っているS.リチャードソン(米国)や19年ドーハ世界選手権銀メダルのM.タルー(コートジボワール)に先着した。リチャードソンは11秒44で2位、タルーは11秒48で3位だった。 男子棒高跳を制したのは19年ドーハ世界選手権金メダルのS.ケンドリックス(米国)。記録は5m74だった。世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)は5m74に2回失敗、5m80に高さを上げて挑戦したがこれをクリアできずに5m55で2位にとどまり、2020年2月から続いた連勝が23でストップした。 女子走高跳は17年ロンドン世界選手権銅メダルのK.リチュウィンコ(ポーランド)が1m91で優勝。世界選手権3連覇(15年、17年、19年)で、中立選手としての参加が承認されたM.ラシツケネ(ロシア/中立選手)は1m88で4位だった。男子走幅跳には19年ドーハ覇者のT.ゲイル(ジャマイカ)が出場したが、8m00(+2.0)で3位。F.ランダッツォ(イタリア)が8m11(+2.8)で優勝した。ランダッツォは25歳で、自己ベストは8m12(2020)。2位はE.カセレス(スペイン)で8m04(+1.4)だった。 男子1500mは欧州記録保持者のJ.インゲブリグセン(ノルウェー)が3分36秒27、女子砲丸投はA.ドンモ(ポルトガル)が19m08でそれぞれ優勝した。 今季のダイヤモンドリーグは13試合が行われる予定で、次は5月28日にカタール・ドーハで行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top