月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2021年ダイヤモンドリーグが開幕 アッシャー・スミスが地元で勝利/DLゲーツヘッド


5月23日、ゲーツヘッド(英国)でダイヤモンドリーグの初戦が行われた。この大会は当初モロッコ・ラバトでの開催が予定されていたが、場所を移して同地での開催となった。

女子100mは地元・英国のD.アッシャー・スミスが11秒35(-3.1)で勝利。アッシャー・スミス2019年ドーハ世界選手権のこの種目で銀メダル、200mでは金メダルを獲得している。雨と強い向かい風の悪条件で記録は低調にとどまったが、今季世界歴代6位の10秒72で走っているS.リチャードソン(米国)や19年ドーハ世界選手権銀メダルのM.タルー(コートジボワール)に先着した。リチャードソンは11秒44で2位、タルーは11秒48で3位だった。

男子棒高跳を制したのは19年ドーハ世界選手権金メダルのS.ケンドリックス(米国)。記録は5m74だった。世界記録保持者・A.デュプランティス(スウェーデン)は5m74に2回失敗、5m80に高さを上げて挑戦したがこれをクリアできずに5m55で2位にとどまり、2020年2月から続いた連勝が23でストップした。

女子走高跳は17年ロンドン世界選手権銅メダルのK.リチュウィンコ(ポーランド)が1m91で優勝。世界選手権3連覇(15年、17年、19年)で、中立選手としての参加が承認されたM.ラシツケネ(ロシア/中立選手)は1m88で4位だった。男子走幅跳には19年ドーハ覇者のT.ゲイル(ジャマイカ)が出場したが、8m00(+2.0)で3位。F.ランダッツォ(イタリア)が8m11(+2.8)で優勝した。ランダッツォは25歳で、自己ベストは8m12(2020)。2位はE.カセレス(スペイン)で8m04(+1.4)だった。

男子1500mは欧州記録保持者のJ.インゲブリグセン(ノルウェー)が3分36秒27、女子砲丸投はA.ドンモ(ポルトガル)が19m08でそれぞれ優勝した。

今季のダイヤモンドリーグは13試合が行われる予定で、次は5月28日にカタール・ドーハで行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com