月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハードルで好記録 ハリソン12秒49、ホロウェイ13秒20/コンチネンタルツアー・ゴールド ボストン


5月23日、ボストン(米国)でWA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ゴールドの競技会が開催され、女子100mハードルは世界記録保持者のK.ハリソン(米国)が12秒49(-0.9)で優勝を飾った。

競技会はストリート陸上としてボストン市内の路上で行われ、男子110mハードルでは今年2月に60mハードルで室内世界記録を樹立したG.ホロウェイ(米国)が13秒20(±0.0)で快勝した。
男子100mではI.ヤング(米国)が9秒94(+0.5)のシーズンべストで勝利。19年ドーハ世界選手権200m金メダルのN.ライルズ(米国)に先着した。ライルズは10秒10で2位だった。

女子200mには2016年リオ五輪の女子400m金メダルのS.ミラー・ウイボ(バハマ)が出場し、22秒08(-0.1)でV。男子200mには400mの世界記録保持者、W.ファン・ニーケアク(南アフリカ)が出場したが、20秒86(-0.3)で4位。ラスト30mで減速し、やや足を引きずるようにしてのゴールだったが、腰に違和感を感じ大事をとったためで、深刻な状態ではないとコメントした。この種目の優勝はJ.ブレイク(カナダ)で、19秒89のシーズンベストだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com