月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

七種競技・大玉華鈴が大会新V!日本歴代7位に「上の選手たちに近づけた」と自信/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

関東インカレの3日目、4日目に行われた女子七種競技は、日体大女子主将の大玉華鈴が5633点で優勝。ヘンプヒル恵(中大、現・アトレ)が2017年に作った大会記録を2点上回る大会新で、日本歴代7位、学生歴代3位の好記録だった。チームの女子総合優勝にも大きく貢献している。

自己ベストは走幅跳の5m82(+2.0)のみたったが、走高跳1m75、やり投45m67など持ち味を発揮し、「800m以外はベストに近い記録が出せた」と充実の試技を振り返る。これまでは個々の記録こそレベルの高い種目があったが、「なかなか混成の中でまとめられなかった」と大玉。だが、今大会ではその課題を克服。昨年の日本インカレでマークした自己記録5541点を92点も更新した。

あこがれのヘンプヒルの記録を塗り替えた大玉。「こういう大会で記録を少しでも更新できて、シニアの選手たちに近づいているのかな。自信につながります」。それでも、「5700点は乗せたかったので悔しさのほうが大きい」とも言う。

ここまではスピードアップを重点的に取り組んできた。また、ベストが出た走幅跳では「これまで少しおろそかにしていましたが、6mを目指して少し多めにやってきた」と手応えをつかんだ。痛めていた肩が治ったことで、51m51を持つやり投もさらに復調しそう。まだまだ「バラつきがある」と大玉。次は6月、長野での日本選手権混成。同じ日に5975点の日本記録を出した3連覇中の山崎有紀(スズキ)に食らいつくつもりだ。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com