月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子三段跳15年世界選手権4位のクラドックがドーピング検査の居場所情報関連義務違反で20ヵ月の資格停止決定


アスレチックスインテグリティユニット(AIU)は、男子三段跳のO.クラドック(米国)に対するドーピング検査の居場所情報関連義務の違反による資格停止処分の決定を発表した。期間は2020年11月13日から20ヵ月間。12ヵ月以内に3回の居場所情報の提出義務違反または検査未了があったため、昨年11月に暫定処分を受けていた。

現在30歳のクラドックは、15年の北京世界選手権で4位に入っており、自己ベストは17m68(19年)。19年にはセイコーゴールデングランプリ大阪で優勝している。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com