月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

欧州室内男子60m王者・ジェイコブスが100mで9秒95のイタリア新、女子200mドーハ金のアッシャースミスが22秒56


イタリア・サヴォーナで5月13日に行われた競技会の男子100m予選で、L.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒95(+1.5)のイタリア新記録を樹立した。これまでのイタリア記録は2019年にF.トルトゥがマークした9秒99。

ジェイコブスは1994年9月生まれの26歳。今年3月に行われた欧州室内選手権では60mを6秒47で制している。

予選で快走したジェイコブスだったが、ふくらはぎのけいれんで決勝は棄権。L.パッタ(イタリア)が10秒13(+1.4)で制し、2位にはY.アベイクーン(スリランカ)が10秒15で続いた。

女子200mには19年ドーハ世界選手権金メダリストのD.アッシャー・スミス(英国)が出場。この種目ではドーハ以来、1年半ぶりのレースを22秒56(+0.8)の大会新記録で優勝した。

女子100mでは19年ドーハ世界選手権銅メダリストのM.-J.タルー(コートジボワール)が11秒17(+2.4)で、女子100mハードルはL.コザックは大会新の12秒81(+1.7)でそれぞれ制覇。男子110mハードルは18年世界室内60mハードル王者のA.ポッジ(英国)が13秒42(+2.8)で勝った。

男子400mハードルはA.シビリオが49秒25で、リオ五輪銅メダリストのY.コペロ(トルコ)を0秒12差で抑えて優勝。女子走幅跳はU20室内世界記録(6m91)保持者のL.イアピチーノ(イタリア)が6m56(+1.6)で制した。

また5月12日にベルガモで行われた競技会の男子5000mでM.O.ロムケットが今季世界最高の13分01秒68をマークした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com