月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界陸連セバスチャン・コー会長が視察「安心していただきたい」五輪開催へ安全強調


◇東京五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO/世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールド(5月9日/東京・国立競技場)

東京五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO」が無観客試合で開催された。国立競技場のある東京都には緊急事態宣言が発出されているなか、ジャスティン・ガトリン(米国)ら海外渡航選手9名も含め、約420人が出場。その大会の様子を、世界陸連のセバスチャン・コー会長が視察に訪れ、会見に登壇した。

コー会長は会見冒頭に「この場に参加できてうれしい。日本の組織委員会とは長年緊密に仕事をしてきた。先日の札幌でのマラソン、競歩のテストイベントも含め、(テストイベントの)結果についてうれしく思う」と語った。

コロナ禍によりオリンピック開催に懐疑的な意見があることについて「そのような批判は理解できます」と話した上で「組織委員会は1年半にわたってルールを設けて整備をしています。先週の世界リレー(ポーランド)でも300人が集まったが行動に対して厳し規則を設けていて、結果的に(新型コロナウイルスの)陽性者は出ていない。日本の保健行政とも連係してきちんとした対策ができるようにしているので、安心していただきたい」と理解を求めた。

オリンピックの出場権の一つの資格でもある「ワールドランキング制度」が公平かどうかといった質問や、「事前キャンプのキャンセルが続いているが、調整面で不利になるのでは」という問いに対して、「アスリートたちは順応している。すべてフェア、以前と同じというのは難しいですし、何かを犠牲にしないといけない」と答えた。

最後には、「オリンピック、パラリンピックは4年に1回のプレミアイベント。ロンドン五輪でもイーストロンドン地区にレガシーがもたらされ、街が明るくなった。人と人をつなぐイベントであり、こういう状況だからこそ開催の意義があると考えています」と五輪、パラリンピックへの思いを語った。

コー会長は1980年モスクワ、84年ロスとオリンピック男子1500mで連覇を果たした英国中距離界のレジェンド。800mなどと合わせ、世界記録更新は12回。2012年ロンドン五輪の組織委員会委員長をつとめ、2015年より国際陸連(現・世界陸連)の会長に就任した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com