月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝ただ1人8mジャンプで社会人初Vファウル続出も「手応えある」/東京五輪テストイベント

◇東京五輪テストイベントREADY STEADY TOKYO/世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールド(5月9日/東京・国立競技場)


東京五輪テストイベント(コンチネンタルツアー・ゴールド)男子走幅跳は、ドーハ世界選手権8位入賞の橋岡優輝(富士通)が優勝。日大を卒業して社会人1年目の初タイトルを手にした。1回目に8m07(+1.8)をマーク。その後は記録を伸ばせなかったが、ただ1人8m台に乗せた。

4月29日の織田記念が「富士通デビュー戦」。3月には室内で8m19の室内日本新を跳んでいたが、織田記念では日大の先輩でもある小田大樹(ヤマダホールディングス)に敗れた。それでも、5回のファウルで8m30~50あたりを跳ぶなど仕上がりの良さを見せ、日本記録8m40は射程圏内に収めている。

室内(5回)、織田記念(5回)、そして今大会(4回)とファウルの多い試合が続いている橋岡。「いい助走と悪い助走が交互に来てしまった」と修正に至らなかった。だが、「飛距離は織田記念ほど出ていませんが、感覚は悪くなかった」という。昨年のセイコーゴールデングランプリでも国立競技場のピットに立っている橋岡。その時はなじまなかったという助走路も、新品だった当時と比べ「だいぶ(地面)つかめるようになった」と好印象に変わったようで、「去年よりもいいものが得られたかな」と、本番となる東京五輪に向けても絶好の“テスト”ができた。

すでに東京五輪の参加標準記録は突破済み。日本選手権で3位以内になれば代表に決まる橋岡。「調子と感覚が噛み合ってくれば自己ベストは狙えます。日本選手権に向けて準備していきたいです」と焦らずに仕上げていく。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com