月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

明大・手嶋と早大・千明が男子5000mで大幅自己新!今季学生最高の13分31秒52/法大競技会


5月4日に行われた法大競技会男子5000mで手嶋杏丞(明大)と千明龍之佑(早大)がいずれも今季学生最高の13分31秒52をマークした。2組に出場した4年生の2人はほぼ並ぶように入線。計測では手嶋が13分31秒5120、千明は13分31秒5132と、わずかに手嶋が先着した(公式記録は1000分の1秒の位を切り上げ)。

これまでの自己ベストは、手嶋が3月下旬の早大競技会でマークした13分50秒63、千明は昨年7月下旬の早大競技会で出した13分54秒18。そろって大幅自己新となった。外国籍選手を除いた今季の日本リストでは、13分22秒80の塩尻和也(富士通)に次ぐ2位。前日5月3日の日本選手権10000mで2位、3位を占めた田澤廉、鈴木芽吹の駒大勢に続き、学生選手の好調ぶりが目立つ。

また、同じレースで3着に入った鈴木聖人(明大)も13分34秒91をマーク。これまでの自己記録(13分49秒82)を15秒近く更新した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com