月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子マイルで銀メダル!五輪・世界選手権通じて初の表彰台/世界リレー

◇シレジア2021世界リレー(ポーランド)

世界リレーの2日目、大会最終種目の男子4×400m決勝に挑んだ日本は、3分04秒45で2位となり、オリンピック・世界選手権・世界リレーという国際大会で悲願のメダルを獲得した。これまでは2004年アテネ五輪の4位がある。

日本は伊東利来也(三菱マテリアル)、川端魁人(創徳中教)、佐藤拳太郎(富士通)、鈴木碧斗(東洋大)のオーダー。前半はやや遅れたものの、佐藤が巻き返してトップ争いでアンカーの鈴木へ。4チームで競り合いとなるなか、鈴木は一度後ろへ下がるも、冷静に対応し、ラストの直線で2番手へ上がり、オランダに次ぎ2位でフィニッシュした。

米国やジャマイカなど列強国は不在だったが、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)や井上大地(日大)らケガ人も多かったなかでの銀メダル。東京五輪、そして来年のユージン世界選手権の出場権を獲得した。

■男子4×400m決勝
オランダ 3.03.45
日本 3.04.45
ボツワナ 3.04.77
イタリア 3.05.11
南アフリカ 3.05.76
コロンビア 3.05.91
フランス 3.06.16
ベルギー 3.10.74



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com