月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子4×100m大健闘の世界4位!道を切り開き東京五輪&ユージン世界選手権へ/世界リレー

◇シレジア2021世界リレー(ポーランド)

女子短距離に新たな歴史が刻まれた。世界リレーの2日目、女子4×100mリレー決勝が行われ、初めて世界大会の決勝に進んだ日本は44秒40で大健闘の4位だった。

予選と同じく青山華依(甲南大)、兒玉芽生(福岡大)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)の4人で臨み、予選よりもバトンも改善。終盤まで上位争いの中で粘った。

日本の女子4×100mは世界リレーの参加標準記録を切れなかったものの、出場権を持つチームが棄権したことで世界リレーの出場を決め、決勝に進出して東京五輪、そして来年のユージン世界選手権の出場権を獲得した。

■女子4×100mリレー決勝
1)イタリア 43.79
2)ポーランド 44.10
3)オランダ 44.10※着差あり
4)日本 44.40
5)エクアドル 44.43
6)デンマーク 45.34
フランス 途中棄権
スイス 失格

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com