月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子4×100m決勝5位一転銅メダル!若きリレー侍がメダル獲得でユージン世界選手権切符/世界リレー

◇シレジア2021世界リレー(ポーランド)

世界リレーの2日目、男子4×100m決勝に進出した日本は、予選と同様に坂井隆一郎(大阪ガス)、鈴木涼太(城西大)、宮本大輔(東洋大)、柳田大輝(東農大ニ高)が出場。39秒42で5位だった。しかし、その後、2着のブラジル、3着のガーナが失格となり、日本が3位へ繰り上がった。

19年ドーハ世界選手権で3位に入ったことで、すでに東京五輪の出場権を獲得。そのため、トライアルの結果から若手中心のメンバーで今大会に挑んでいた。

入賞国には東京五輪と来年のユージン世界選手権の出場権が与えられる。

■世界リレー男子4×100m決勝
南アフリカ 38.71
イタリア 39.21
日本 39.42
デンマーク 39.56
ブラジル 失格
ガーナ 失格
オランダ 途中棄権
ドイツ 途中棄権



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com