月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

キング&クイーンの座は誰の手に!? 3大会連続五輪狙う右代啓祐ら登場/日本GP混成競技


サトウ食品グランプリシリーズのポイント対象大会である男子十種競技、女子七種競技が鹿児島県記録会と併催するかたちで5月2日、3日に鴨池陸上競技場で行われる。混成競技は試合数が限られているため、東京五輪出場を狙う選手たちにとっては重要な一戦となる。

男子十種競技には、長年この種目を牽引してきた“ツートップ”がそろう。12年ロンドン、16年リオと2大会連続五輪に出場している日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)と、歴代2位の記録を持ち400mハードルでロンドン五輪、そして十種競技でリオ五輪に出場した中村明彦(スズキ)だ。

右代は2014年に8308点の日本記録を樹立。7月で35歳となるがその情熱は衰え知らず。投てき種目を中心に得点を稼ぎ、特に2日目を得意とする。昨年は円盤投ではここ5年で最も良い49m92を投げるなど、さらに技術を磨いている。8000点超えは16年を最後に届いていないが、「過去の自分超え」を目指す。

一方の中村は昨年、3年ぶりに日本選手権で優勝。18年には中京大時代からの恩師が急逝し、ケガも相次いで苦しい時期も長かった。だが、昨年は棒高跳で5m00の自己新、今年に入り砲丸投でも自己タイなど盛り返してきた印象。持ち味のスピード種目、そして1500mの調子が戻れば、5年ぶりの8000点超えに近づく。

もう1人注目は丸山優真(住友電工)。日大を卒業し、社会人デビュー戦となる。八種競技で高校記録を出し、十種競技でU20日本新など、混成のホープとして期待が寄せられてきた丸山。だが、19年に胸椎椎間板ヘルニアを発症して1年以上試合から遠ざかった。だが、手術を回避して奇跡的に回復すると、昨年の日本インカレで復帰。今年はすでに110mハードル(室内)で14秒10をマークするなど、順調にこなしている。自己記録は18年の7752点だが、これを大幅に更新して“覚醒”する可能性は大いにある。

昨年の日本選手権で3位に入った田上駿(順大院)や片山和也(岡山陸協)、奥田啓祐(第一学院高教)らも上位をもくろむ。

女子七種競技は日本選手権3連覇中の山崎有紀(スズキ)が最有力。昨年は走幅跳で6m超えなど技術面も向上した。日本初の6000点、そして日本記録(5962点)の更新なるか。

競り合ってきたヘンプヒル恵(アトレ)は膝のケガで復帰へ向けてトレーニングに励んでいる最中。そのため、山崎を追う一番手は大玉華鈴(日体大)だろう。持ち味のパワーだけでなく、昨年はスピードも強化。勢いに乗れば一気に記録を伸ばしてもおかしくない。

東京五輪の参加標準記録は十種競技8350点、七種競技6420点と高い設定だが、ワールドランキングでの出場を狙うためにも、数少ないチャンスで好記録を出しておきたいところだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com