月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣が予選で雨の中10秒29!桐生は10秒36でそれぞれ組トップで決勝へ/織田記念


男子100mにトップスプリンターたちが登場。雨が降りしきるコンディションの中で行われた予選。1組の桐生祥秀(日本生命)は10秒36(+0.6)で1着通過した。中盤以降は流すようなかたちで悠々フィニッシュした。2組のトップは多田修平(住友電工)で10秒41(+0.9)。好調だったのが3組の山縣亮太(セイコー)で、全体トップとなる10秒29(+1.0)をマークし、10秒36の小池祐貴(住友電工)を抑えた。

決勝は15時45分から行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com