月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・佐藤友佳が自己2番目の61m01でV「1投目は評価したい」/織田記念


◇織田記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズの織田記念が行われ、女子やり投は佐藤友佳(ニコニコのり)が61m01を投げて優勝した。

雨が降り続く難しいコンディションの中で、1投目から佐藤が魅せる。「スタートから良くて評価できる」という1投目にセカンドベストとなる61m01。続く2投目にも60m11と大台に乗せた。だが、その後は「試技間に身体を冷やさないようにすることしかできず、技術的なことができなかった」と、課題の修正まで行けず。記録を伸ばせ図に競技を終えた。それでも、悪条件の中でただ1人60mを超えたあたりに、確かな成長を感じさせる。

19年には日本選手権で2位となり、世界選手権にも出場。昨年は初めて日本選手権も制した。高校時代から将来を期待されながら、大学後半からはなかなか思ったような活躍ができなかった佐藤の才能がようやく花開いた。その要因の一つがフィンランドでの経験。「何かを変えないと、自分のやり投も変わらない」と海を渡った。この冬も11月からフィンランド、そして南アフリカと遠征を行った。

目指していたのは東京五輪の参加標準記録である64m00。「1投目に投げられたのは64mへの通過点になった」というものの、「まだやり先が上を向いてしまう。自分の力の方向とやり先の方向を一致させたい」と課題も明確。日本選手権までの2ヵ月弱で「修正していきたい」と次を見据えていた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com