月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

砲丸投の大野史佳が初16m超え!日本歴代8位でV/織田記念


◇織田記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズの織田記念が行われ、女子砲丸投は大野史佳(埼玉大)が優勝。自身初の16m超えとなる16m04は、日本歴代8位、学生歴代6位の好記録だった。

あいにく雨模様だったが、「何度かこの競技場で投げていて、雨が降ってもすべらないサークルというのは知っていました」という大野。1、2投目は「やりたい動きをしようとして焦りが出た」。だが、3投目はこれまで重点を置いてきた「最後のプットの瞬間に力を入れる」ことだけを意識すると、優勝記録へとつなげた。

今年はすでに15m97を投げており、「やりたいことができれば16mは行くと思っていた」と手応えを持ってシーズンインしていた大野。続く関東インカレ、そして6月の日本選手権に向けて、「(調子と技術を)合わせていきたい」と笑顔を見せた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com