月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

丸尾知司が優勝、東京五輪代表に内定/日本選手権50km競歩


写真/フォート・キシモト
◇日本選手権50km競歩・全日本競歩輪島大会(4月11日/石川・輪島)

東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、男子50kmは丸尾知司(愛知製鋼)が大会記録(3時間39分07秒)を上回る3時間38分42秒で初優勝し、この種目最後の五輪代表に内定した。

序盤は1km4分25秒前後のペースで進み10kmは44分26秒。この時の先頭集団は7人だったが、徐々にこぼれていく。13km手前で藤澤勇(ALSOK)がペースアップしてこの1kmを4分14秒まで上げると、2016年リオ五輪銅、17年ロンドン世界選手権銀の荒井広宙(富士通)は先頭集団から離れた。

藤澤、丸尾、野田明宏(自衛隊体育学校)、小林快(新潟アルビレックスRC)の先頭集団4名は20kmを1時間27分17秒で通過したが、24kmあたりに小林、25kmで藤澤が脱落し、そこからは野田と丸尾のマッチレースに。その後も1km4分10~15秒前後で刻んで、30kmは2時間9分15秒で通過した。

36km付近で丸尾は、1km4分07秒とペースを上げた野田にリードを許したが、40kmを2時間51分30秒で通過したあたりで再び追いつく。そして42kmで野田を振り切り、そこからは独歩状態に。

終盤ペースダウンしたため、日本記録(3時間36分45秒)更新こそならなかったが、試合の流れを読んでレースを組み立てた丸尾が強さを発揮。この種目で既に派遣設定記録(3時間45分00秒)を突破していた丸尾は優勝すればよかったが、自己ベスト(3時間37分39秒/日本歴代2位)に次ぐ、セカンドベストの好タイムで歩きぬいた。

同じく東京五輪代表選考として特別レースとして行われた女子20kmは河添香織(自衛隊体育学校)が1時間33分51秒で優勝。このレースで派遣設定記録(1時間30分00秒)を突破すれば代表に内定していた渕瀬真寿美(建設装工業)が欠場した。選考会を終え、昨年内定した2選手を除き、派遣設定記録を突破した選手はおらず、3枠目を派遣するかどうかは後日決定される。
特別レースの女子20kmは4人で行われ、河添(右端)が優勝した

■東京五輪男子競歩代表
20km競歩
山西利和(愛知製鋼)
池田向希(旭化成)
髙橋英輝(富士通)
50km競歩
鈴木雄介(富士通)
川野将虎(旭化成)
丸尾知司(愛知製鋼)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com