月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

河村一輝が1500m日本歴代9位の快走 高3佐藤圭汰がU18日本新3分40秒36/金栗記念


◇第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021(4月10日/熊本・えがお健康スタジアム)

日本グランプリシリーズ熊本大会の金栗記念が行われ、GP男子1500mは河村一輝(トーエネック)が3分38秒83で優勝。日本歴代9位の好タイムだった。

河村は3番手で追走し、残り200m付近で一気にペースを上げ、直線に入って森田佳祐(小森コーポレーション)をかわし、キレ味鋭い走りでフィニッシュ。「やっと出た3分38秒台なのでうれしい」と河村。ハイペースになるのは想定しており「思い切っていけたのが勝因」と話す。今季は「日本選手権優勝と、岐阜県の先輩である小林史和さんが持っている日本記録(3分37秒42)を更新したいです」と意気込みを語った。2位の森田も3分39秒37の自己新だった。


圧巻だったのが4位に入った高校生の佐藤圭汰(洛南高3京都)。このレースは800m元日本記録保持者の横田真人がペースメーカーを務め、それについた佐藤は800m1分55秒で通過し、1000m2分26秒。その後は単独走となったが1200m過ぎまでレースを引っ張った。3分40秒36はU20日本歴代3位、高校歴代2位、U18日本新。今季のU20・18の世界ランキングでトップに立った。佐藤は昨年、1500m3分47秒61、5000m13分53秒36をマーク。今年に入り3000mで8分00秒09。さらに駅伝でも、暮れの全国高校駅伝で3区日本人トップの区間2位で高校最高記録(2時間2分07秒/3位)に貢献。今年3月の春の高校伊那駅伝でも9.1km区間を25分31秒で走破する区間賞で、区間2位に49秒もの差をつけていた。

■男子1500m高校歴代5傑
3.38.49佐藤清治(佐久長聖3長野)99年
3.40.36佐藤圭汰(洛南3京都)21年
3.44.57半澤黎斗(学法石川3福島)17年
3.44.62石塚陽士(早稲田実3東京)20年
3.44.62甲木康博(城西3東京)20年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com