HOME ニュース、国内

2021.04.10

塩尻和也が完全復活!5000m13分22秒80の自己新「3000m障害で五輪目指す」/金栗記念
塩尻和也が完全復活!5000m13分22秒80の自己新「3000m障害で五輪目指す」/金栗記念


◇第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021(4月10日/熊本・えがお健康スタジアム)

日本グランプリシリーズ熊本大会の金栗記念が行われ、GP男子5000mは最終組に登場した塩尻和也(富士通)が、13分22秒80の自己新で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「レース前にイメージしていた展開」と塩尻。3000mを手前にスルスルと日本人トップに上がると、3000mは8分09秒で通過。ラスト2周を切り、ジャクソン・カベサ(Honda)と併走するかたちに。残り500m付近で塩尻がペースを上げ、ラスト1周の鐘を合図にさらに加速して突き放した。

2016年(当時・順大)には3000m障害でリオ五輪に出場。それだけではなく、5000mからハーフマラソン、駅伝と圧倒的な強さと安定感を誇ってきた。2019年には日本選手権では、予選でドーハ世界選手権の参加標準記録を突破したものの、決勝で接触して転倒があり8位。世界選手権代表に選ばれたが、9月の海外のレースで右膝を痛め出場はならなかった。すぐに手術に踏み切り、昨年1月に練習復帰。復帰後の7月に5000m13分39秒79をマーク。日本選手権3000m障害は5位だったが、今年正月の全日本実業団対抗駅伝では5区3位と好走して富士通の優勝に貢献した。

「このあとはオリンピックを目指して3000m障害に出場していく予定です。オリンピックの後はニューイヤー駅伝で連覇できるように力になっていければ」と塩尻。3000m障害では東京五輪の参加標準記録8分22秒00を切った状態で優勝すれば内定する。順大の後輩でもある三浦龍司を筆頭に、複数人が参加標準記録を突破してもおかしくない活況だが、2大会連続のオリンピックへ、塩尻が復活の狼煙を上げた。

◇第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021(4月10日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ熊本大会の金栗記念が行われ、GP男子5000mは最終組に登場した塩尻和也(富士通)が、13分22秒80の自己新で優勝した。 「レース前にイメージしていた展開」と塩尻。3000mを手前にスルスルと日本人トップに上がると、3000mは8分09秒で通過。ラスト2周を切り、ジャクソン・カベサ(Honda)と併走するかたちに。残り500m付近で塩尻がペースを上げ、ラスト1周の鐘を合図にさらに加速して突き放した。 2016年(当時・順大)には3000m障害でリオ五輪に出場。それだけではなく、5000mからハーフマラソン、駅伝と圧倒的な強さと安定感を誇ってきた。2019年には日本選手権では、予選でドーハ世界選手権の参加標準記録を突破したものの、決勝で接触して転倒があり8位。世界選手権代表に選ばれたが、9月の海外のレースで右膝を痛め出場はならなかった。すぐに手術に踏み切り、昨年1月に練習復帰。復帰後の7月に5000m13分39秒79をマーク。日本選手権3000m障害は5位だったが、今年正月の全日本実業団対抗駅伝では5区3位と好走して富士通の優勝に貢献した。 「このあとはオリンピックを目指して3000m障害に出場していく予定です。オリンピックの後はニューイヤー駅伝で連覇できるように力になっていければ」と塩尻。3000m障害では東京五輪の参加標準記録8分22秒00を切った状態で優勝すれば内定する。順大の後輩でもある三浦龍司を筆頭に、複数人が参加標準記録を突破してもおかしくない活況だが、2大会連続のオリンピックへ、塩尻が復活の狼煙を上げた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top