月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

塩尻和也が完全復活!5000m13分22秒80の自己新「3000m障害で五輪目指す」/金栗記念


◇第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021(4月10日/熊本・えがお健康スタジアム)

日本グランプリシリーズ熊本大会の金栗記念が行われ、GP男子5000mは最終組に登場した塩尻和也(富士通)が、13分22秒80の自己新で優勝した。

「レース前にイメージしていた展開」と塩尻。3000mを手前にスルスルと日本人トップに上がると、3000mは8分09秒で通過。ラスト2周を切り、ジャクソン・カベサ(Honda)と併走するかたちに。残り500m付近で塩尻がペースを上げ、ラスト1周の鐘を合図にさらに加速して突き放した。

2016年(当時・順大)には3000m障害でリオ五輪に出場。それだけではなく、5000mからハーフマラソン、駅伝と圧倒的な強さと安定感を誇ってきた。2019年には日本選手権では、予選でドーハ世界選手権の参加標準記録を突破したものの、決勝で接触して転倒があり8位。世界選手権代表に選ばれたが、9月の海外のレースで右膝を痛め出場はならなかった。すぐに手術に踏み切り、昨年1月に練習復帰。復帰後の7月に5000m13分39秒79をマーク。日本選手権3000m障害は5位だったが、今年正月の全日本実業団対抗駅伝では5区3位と好走して富士通の優勝に貢献した。

「このあとはオリンピックを目指して3000m障害に出場していく予定です。オリンピックの後はニューイヤー駅伝で連覇できるように力になっていければ」と塩尻。3000m障害では東京五輪の参加標準記録8分22秒00を切った状態で優勝すれば内定する。順大の後輩でもある三浦龍司を筆頭に、複数人が参加標準記録を突破してもおかしくない活況だが、2大会連続のオリンピックへ、塩尻が復活の狼煙を上げた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com