月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田中希実1500mで自己3番目4分09秒31 廣中は初1万m31分30秒03/金栗記念


◇第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021(4月10日/熊本・えがお健康スタジアム)

日本グランプリシリーズ熊本大会の金栗記念が行われ、GP女子1500mは田中希実(豊田自動織機TC)が4分09秒31で優勝した。この記録は自身3番目の記録で、歴代パフォーマンスでも6番目の好タイムだった。日本記録は自身が持つ日本記録4分05秒27。

すでに5000mで東京五輪代表に内定している田中。今季もレースを重ねる従来のスタイルでシーズンを過ごしており、1500mは4月4日にも出場して4分13秒09をマークしていた。「春先から4分10秒を切れると思っていなかった」と好感触。「ラストも自分のイメージ通りの走りができた」と納得のいくレースができたという。1500mの東京五輪参加標準記録は4分04秒20。昨年は「できれば2種目で」と意向も示していた田中。今後もグランプリシリーズは積極的に出場していく構えだ。

女子10000mは廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分30秒03で優勝。初10000mで東京五輪の参加標準記録31分25秒00に迫り、5月3日の日本選手権10000mの出場資格も得た。「ラストは自分の流れで行けた」と独走。廣中はすでに5000mで東京五輪の参加標準記録を突破している。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com