月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

早大・井川龍人が27分台突入!同一チーム3人目は初/日本学連10000m記録会


日本学連10000m記録会が4月10日、日体大で行われ、男子10000mで井川龍人(早大)が27分59秒74をマークした。早大の現所属による27分台は、昨年の中谷雄飛、太田直希に続いて3人目で、同一チームによる27分台3人は史上初。早大にとっては歴代7人目の27分台となった。

井川は九州学院高(熊本)出身。全国高校駅伝では2、3年時に1区を務めて2年時に区間2位、3年時に区間4位。19年に早大に入学し、昨年は全日本大学駅伝で2区5位、今年の箱根駅伝では1区を務めて5位だった。

記録会は2着に駒大の鈴木芽吹が28分00秒67、3着が28分03秒37で市村朋樹(東海大)が入った。

女子は32分22秒83をマークした和田有菜(名城大)がトップだった。

この記録会は本来、ワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)の選考会として開催される予定だったが、大会の延期により通常の記録会として行われた。

■早大の歴代27分台ランナー
27.38.31大迫傑13年
27.45.59竹澤健介07年
27.48.55渡辺康幸95年
27.51.61瀬古利彦78年
27.54.06中谷雄飛20年
27.55.59太田直希20年
27.59.74井川龍人21年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com