月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドがいよいよ開幕 日本では5月・国立競技場で


4月24日のユージン(米国)でのUSATFグランプリを皮切りに、2021年の世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドシリーズが開始される。USATFグランプリは2022年世界陸上競技選手権の会場である「ヘイワードフィールド」で実施。

日本では5月19日に東京・国立競技場で開催される五輪のテストイベント「Ready Steady Tokyo」との併催が先日発表された。現在のところ、2021年のコンチネンタルツアー・ゴールド・ミーティングは以下の14回が決定している。感染症拡大の状況により、変更の可能性がある。

■WAコンチネンタルツアー・ゴールド
4月24日 ユージーン(米国)
5月9日 東京(国立競技場/Ready Steady Tokyoと併催)
5月9日 ウォルナット(米国)
未定 南京(中国)
5月19日 オストラヴァ (チェコ)
5月23日 ボストン(米国)
6月5日 キングストン(ジャマイカ)
6月6日 ヘンゲロー(オランダ)
6月8日 トゥルク(フィンランド)
6月30日 ビドゴシチ(ポーランド)
7月6日 セーケシュフェヘールバール(ハンガリー)
9月5日 シレジア(ポーランド)
9月14日 ザグレブ(クロアチア)
9月18日 ナイロビ(ケニア)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com