月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・田中希実が3週連続レース 3000m8分57秒27「プレッシャーに向き合う」


◇東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ(4月3、4日/東京・駒沢陸上競技場)

東京五輪女子5000m代表に内定している田中希実(豊田自動織機TC)が3000mに出場し、8分57秒27をマークしてトップだった。

昨年、この種目で8分41秒35の日本記録を樹立している田中。3月の後半には2周続けてレースを走り、これが3週連続のレースで、「疲労がある中で、少し練習を落としている状態」で臨んだ。テーマは「昨年度の自分を超えること」と「自分と向き合うこと」だという。「最近は苦しい時に頑張れていない感じがあったので、レベルの高い選手がそろう中で、向き合う感覚を取り戻したかった」と心境を明かす。

昨年は3000mと1500mで日本記録を樹立。12月の日本選手権5000mでは、いち早く東京五輪代表に内定した。「内定して充実した取り組みをする」ために代表を勝ち取ったはずだったが、記録も含めて結果を残したことで「他人の目を気にしたり、自分で自分をダメにしたりしてしまっていた。苦しみから目をそらしていたと思います」と言う。常に淡々と、過去の自分を超えることを目指してきた田中でさえもそういう状況になってしまうのが、地元開催のオリンピックというものなのだろう。

今回のレースを棄権する選択肢も当然あった。だが、「ここで逃げたら、苦しい時に逃げてしまう。プレッシャーに正面から向き合う」と判断して出場。結果的に、「ラストは悪い動きになりましたが、8分55秒くらいを出せればと思っていたので(悪くない)」と、自己評価する。明日の1500mにも出場予定。東京五輪まで、逃げることなく自分のスタイルを貫いていく。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com