月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

川内優輝800mに出場 厚底シューズで失格「中高生は間違えないように」


◇東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ(4月3、4日/東京・駒沢陸上競技場)

中距離種目を中心として行われるトラックレース「ミドルディスタンス・チャレンジ」の男子800mにマラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が出場した。

タイムレース5組に登場した川内は2分03秒26で4着。昨年マークした自己ベスト2分02秒97に届かなかった。レース後、川内は「ドタバタしてしまった」とアクシデントがあったことを明かす。実は、本来履こうと思っていたシューズとは違う、トラックでは厚底規定で使用不可のシューズを持ってきてしまったのだという。

「誰か借りようと思ったのですが、難しくて……」。インソールを外してなんとか規定内に収めたが、「裸足で走るか棄権するところ。動揺してしまいました」。翌日に5000mを予定している川内は、「刺激入れ」と「1分台を出したい」という狙いで800mを選択。そういう“ドタバタ劇”に加え、200m付近で「一度下がって、外から上がってしまい」余計な体力を消耗したこともあり、自己ベストにはわずかに届かず。それでも、アクシデントがあっても自己記録に迫ったあたりは、さすがだった。

5000mについては「14分10秒から1ケタくらいでいければ」と川内。本来は「2時間7分台を出せたので、ゴールドコーストマラソンなどに出たかったが、(今の状況では)難しい」と言い、ロードレースは4月25日のぎふ清流ハーフマラソンを予定している。今年の目標には、最後の大会となる福岡国際マラソンに置き、「スピードを磨いて福岡へ」と見据えている。

「明日(5000m)はシューズを間違えないようにします。これからシーズンが始まって、人生を懸けている中高生はぜひシューズを間違えないようにしてほしいです」と、苦笑いを浮かべてメッセージを送っていた。

※追記
インソールを外しても規定外シューズは使用できないため、正式リザルトでは失格となった



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com