月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本室内最速は今年も多田修平、大会新の6秒56!桐生は決勝棄権/日本選手権室内

◇日本選手権室内(3月17、18日/大阪城ホール)

日本選手権室内2日目、男子60m決勝は多田修平(住友電工)が6秒56の大会新で制し、2連覇を飾った。予選で、昨年に自身が作った大会記録を0.01秒更新する6秒57をマークしていたが、その記録をさらに0.01秒短縮。室内日本記録にあと0.02秒と迫った。

2位は東田旺洋(茨城陸協)で6秒66、3位は坂井隆一郎(大阪ガス)で6秒68だった。昨年の日本選手権100m王者・桐生祥秀(日本生命)は予選を6秒70で組1着通過したが、決勝は棄権した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com