月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青山華依が60mでU20室内新の7秒38でV!春から甲南大で日本一目指す/日本選手権室内


◇日本選手権室内(3月17、18日/大阪城ホール)

日本選手権室内の2日目、U20女子60m決勝が行われ、青山華依(大阪高3)が7秒38で優勝した。この記録はU20室内日本新、高校最高記録。従来の記録はこの大会で齋藤愛美(倉敷中央高3岡山、現・大阪成蹊大)が2018年にマークした7秒39だった。

スタートしてすぐは並んでおり、「前半は思うように動けなかった」と話すが、中盤以降はスルスルと抜け出し「しっかり伸ばせていけた」という。フィニッシュタイム7秒38で、「もう少し出したかった」と悔しがったが、地元大阪での高校最後のレースで花を添えた。

この冬は筋力アップを目指して取り組み、2、3日に1回走るという500mで基礎体力もアップ。「緊急事態宣言で、マスクをしながらドリルなどしたのも良かった」とはにかむ。シーズンインに向け、「少し練習量も足りていないかなと不安もありました」と言うものの、着実に成長している姿を見せた。

高校2年だった2019年の日本選手権100mで3位に入った青山。だが、昨年は両親ともに勝っているインターハイが中止となるなど悔しいシーズンとなり、自己記録11秒61も更新することができなかった。

春からは甲南大に進学。今年は東京五輪シーズンとなり、リレーでの代表入りなども目指せる位置にいるが、「まずは自己ベストを更新して、大学で日本インカレや日本選手権で優勝できるように頑張ります」と笑顔で締めくくった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com