HOME ニュース、国内

2021.03.01

村山紘太がGMOインターネットグループへ加入!「新たな村山として輝きを取り戻します!」
村山紘太がGMOインターネットグループへ加入!「新たな村山として輝きを取り戻します!」

写真提供=GMOインターネットグループ

GMOインターネットグループは3月1日、前10000m日本記録保持者の村山紘太が加入したことを発表した。村山は前日に自身のSNSで旭化成退社を発表していた。

村山は城西大在籍時から2014年アジア大会5000m出場など国内トップクラスの実力者として活躍。15年には双子の兄・謙太とともに旭化成に入社し、5000mで日本選手権を制して北京世界選手権に出場した。同年11月には10000mで27分29秒69をマークし、高岡寿成の持っていた日本記録を14年ぶりに更新。16年のリオ五輪では5000mと10000mの2種目で出場を果たした。

新天地への移籍にあたり、村山は「これまでの経験を今後の競技人生に活かし、 チームメイトと切磋琢磨して新たな『村山』として輝きを取り戻します!」とコメント。今後の目標については「ニューイヤー駅伝2022での優勝」と「マラソンの日本記録を樹立すること」の2つを挙げ、「皆様のご期待に応えられるよう頑張りますのでご声援の程よろしくお願いいたします」と決意表明した。

写真提供=GMOインターネットグループ GMOインターネットグループは3月1日、前10000m日本記録保持者の村山紘太が加入したことを発表した。村山は前日に自身のSNSで旭化成退社を発表していた。 村山は城西大在籍時から2014年アジア大会5000m出場など国内トップクラスの実力者として活躍。15年には双子の兄・謙太とともに旭化成に入社し、5000mで日本選手権を制して北京世界選手権に出場した。同年11月には10000mで27分29秒69をマークし、高岡寿成の持っていた日本記録を14年ぶりに更新。16年のリオ五輪では5000mと10000mの2種目で出場を果たした。 新天地への移籍にあたり、村山は「これまでの経験を今後の競技人生に活かし、 チームメイトと切磋琢磨して新たな『村山』として輝きを取り戻します!」とコメント。今後の目標については「ニューイヤー駅伝2022での優勝」と「マラソンの日本記録を樹立すること」の2つを挙げ、「皆様のご期待に応えられるよう頑張りますのでご声援の程よろしくお願いいたします」と決意表明した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top