月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

800m五輪連覇のセメニャ国際舞台への復帰求め欧州人権裁判所に提訴を表明


女子800mで五輪連覇の実績を持つキャスター・セメニャ(南アフリカ)がテストステロン値による参加資格制限をめぐって、欧州人権裁判所に提訴すると表明している。

2019年の規則変更で、DSD(性の発達が先天的に非定型的である状態)のアスリートはテストステロン低減薬の服用等の条件を満たさなければ400mから1マイル距離の種目に出場することができないと定められた。女子800mで五輪2連覇(12年ロンドン、16年リオ)、世界歴代3位の1分54秒25を持つセメニャは、この規定により19年ドーハ世界選手には出場できていない。これまでにスポーツ仲裁裁判所(CAS)やスイス連邦最高裁に規則の撤回を求めていたが、いずれも訴えを退けられている。

セメニャは昨年3月に200mで東京五輪を目指す意向を表明していたが、この距離の自己ベストは23秒81(非公認23秒49)で、五輪標準記録(22秒80)を突破していない。英国BBCの報道によれば、セメニャの弁護士は「申立の日程は裁判所が決定することだが、キャスター(セメニャ)は国際大会で800メートルのスタートラインに戻ることに望みをもっている」とコメントしている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com