月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

実業団ハーフ女子は安藤友香が1時間9分54秒で優勝 2位筒井、3位原田


◇第49回全日本実業団ハーフマラソン(2月14日/山口・維新みらいふスタジアム発着)

全日本実業団ハーフマラソンが山口で開催され、女子は安藤友香(ワコール)が1時間9分54秒で優勝した。

大集団で5km16分47秒、10km33分26秒で通過する。15km地点では原田紋里(第一生命グループ)、森智香子(積水化学)、安藤がやや抜け出し49分56秒。筒井咲帆(ヤマダホールディングス)や森田香織(パナソニック)らが2秒差で続く。最後は安藤が地力を見せて1時間9分54秒で制した。2位に筒井が1時間10分10秒で入り、7秒差で原田が3位だった。

■全日本実業団ハーフマラソン上位成績
女子
1.09.54 安藤友香(ワコール)
1.10.10 筒井咲帆(ヤマダホールディングス
1.10.17 原田紋里(第一生命グループ)
1.10.18 松下菜摘(天満屋)
1.10.21 福良郁美(大塚製薬)
1.10.23 吉川侑美(ユニクロ)
1.10.23 逸木和香菜(九電工
1.10.28 森田香織(パナソニック)


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com