月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日大・橋岡優輝&江島雅紀が富士通へ! 日本代表跳躍コンビがそろって名門入り


富士通入りが決まった橋岡(中)と江島(右)。左は十種競技で住友電工に加入する丸山優真

富士通は2021年春に加入する選手を発表。日大の橋岡優輝と江島雅紀、女子100mハードルの田中佑美(立命大)ら6人の入社が決まった。

名門・日大が誇る跳躍2人が実業団でも「名門」へ――。2019年にそろってドーハ世界選手権に出場している走幅跳・橋岡優輝と棒高跳・江島雅紀が今春、富士通へ入社することが発表された。

橋岡は日本歴代2位となる8m32を持ち、ドーハでは8位入賞を果たした。U20世界選手権、ユニバーシアードで優勝するなど、次々と歴史を切り開いている。昨年は日本インカレで8m29を跳び世界ランキング3位。両親とも元日本記録保持者として知られる日本陸上界のホープで、すでに東京五輪の参加標準記録を突破している。棒高跳で日本歴代3位タイの5m71を持つ江島も、高校記録を何度も塗り替えるなど早くから活躍し、U18・20、ユニバーシアードなど国際舞台を経験してきた。19年は日本選手権初優勝を飾り、初めて世界選手権にも出場している。名門・富士通でも同期として、そろって世界へと羽ばたく。

女子100mハードルの田中は関西インカレ4連覇。学生歴代2位の13秒18のベストを持つ。また、すでに一部報道で明らかになっていた東海大で箱根駅伝1区区間2位など活躍した塩澤稀夕の加入も正式に発表。

他にも競歩の村山裕太郎(順大)、パラアスリートの兎澤朋美(日体大)も加入する。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com