月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】大学対校男女混合駅伝が延期1ヵ月後で調整 日本初全国規模の学生男女混合大会


2月21日に開催を予定していた「第1回全国招待大学対校男女混合駅伝」を延期すると関西学連が発表した。コロナ禍により関東1都3県および開催地の大阪で緊急事態宣言が発令されていることを受けての判断。3月21日に延期する方向で準備を進めていくという。

この大会は日本初の全国規模の学生男女混合駅伝として注目を集め、関西学連から大阪学大、大教大、関大、関西外大、関学大、京産大、神戸大、神戸学大、佛教大、立命大、関西学連選抜の11チームと、関東学連から「招待校」として順大、城西大、拓大、中大、筑波大、東海大、東洋大、日体大を加えた全19チームが出場予定。大阪・長居公園の特設コース20kmで争われ、3km、2km、5km、3km、2km、5kmの6区間を男女3名ずつでタスキをつなぐ。

主催者(関西学連・関西テレビ放送・産経新聞社)は「緊急事態宣言下では、学生スポーツの観点から参加して頂く学生の安心・安全を担保できる状況ではない」と延期を決断。緊急事態宣言の解除が見込まれる3月21日に延期の方向で調整している。「懸命に調整を進める大学生ランナーの期待に応え、応援してくださる方々には安心してレースをテレビ中継で楽しんでいただくべく、引き続き準備を進めています」とコメントを発表した。

なお、同時開催として国立大東西四大学対校戦(東大、一橋大、京大、大阪大)も行われる予定。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com