月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】東京五輪代表対決は一山麻緒に軍配/山陽女子ロードレース

第39回山陽女子ロードレースは12月20日、岡山市の岡山県総合グラウンド陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われ、ハーフマラソンは東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が激突。序盤から外国勢にただ1人食らいつく積極的なレースを展開した一山が、1時間10分17秒で日本人トップの3位に入った。優勝はゼイトナ・フーサン(デンソー)で1時間9分24秒、2位は4秒差でキプケモイ・ジョアン(九電工)。前田は1時間10分39秒で9位だった。

ハーフの部は午前10時にスタート。一山は11月22日の全日本実業団対抗女子駅伝で最長10.9kmの3区を区間3位(34分38秒)、2週間後の日本選手権10000mでは31分11秒56(日本歴代6位)で2位と、レース続きの中での出場。タイムは伸び悩んだが、きっちりと結果を残した。

一方の前田は、全日本実業団女子駅伝は同じ3区ながら区間8位どまり。1ヵ月のスパンで臨んだレース。序盤から第2集団でレースを進め、最後までまとめる走りだった。

一山、前田はともに1月末の大阪国際女子マラソン出場の意向を示している。東京五輪ではともに世界と戦う仲間だが、個人としてはライバル。本番を見据え、国内レースで互いに磨き合う。

◆ハーフマラソンの部上位結果
1)ゼイトナ・フーサン(デンソー) 1.09.24
2)キプケモイ・ジョアン(九電工) 1.09.28
3)一山麻緒(ワコール) 1.10.17
4)原田紋里(第一生命グループ) 1.10.21
5)小笠原朱里(デンソー) 1.10.25
6)和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 1.10.26
7)安藤友香(ワコール) 1.10.28
8)阿部有香里(しまむら) 1.10.29
9)前田穂南(天満屋) 1.10.39
10)中尾有梨沙(メモリード) 1.10.40

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com