HOME ニュース、国内

2020.12.20

【長距離】東京五輪代表対決は一山麻緒に軍配/山陽女子ロードレース
【長距離】東京五輪代表対決は一山麻緒に軍配/山陽女子ロードレース

第39回山陽女子ロードレースは12月20日、岡山市の岡山県総合グラウンド陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われ、ハーフマラソンは東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が激突。序盤から外国勢にただ1人食らいつく積極的なレースを展開した一山が、1時間10分17秒で日本人トップの3位に入った。優勝はゼイトナ・フーサン(デンソー)で1時間9分24秒、2位は4秒差でキプケモイ・ジョアン(九電工)。前田は1時間10分39秒で9位だった。

ハーフの部は午前10時にスタート。一山は11月22日の全日本実業団対抗女子駅伝で最長10.9kmの3区を区間3位(34分38秒)、2週間後の日本選手権10000mでは31分11秒56(日本歴代6位)で2位と、レース続きの中での出場。タイムは伸び悩んだが、きっちりと結果を残した。

一方の前田は、全日本実業団女子駅伝は同じ3区ながら区間8位どまり。1ヵ月のスパンで臨んだレース。序盤から第2集団でレースを進め、最後までまとめる走りだった。

一山、前田はともに1月末の大阪国際女子マラソン出場の意向を示している。東京五輪ではともに世界と戦う仲間だが、個人としてはライバル。本番を見据え、国内レースで互いに磨き合う。

◆ハーフマラソンの部上位結果
1)ゼイトナ・フーサン(デンソー) 1.09.24
2)キプケモイ・ジョアン(九電工) 1.09.28
3)一山麻緒(ワコール) 1.10.17
4)原田紋里(第一生命グループ) 1.10.21
5)小笠原朱里(デンソー) 1.10.25
6)和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 1.10.26
7)安藤友香(ワコール) 1.10.28
8)阿部有香里(しまむら) 1.10.29
9)前田穂南(天満屋) 1.10.39
10)中尾有梨沙(メモリード) 1.10.40

第39回山陽女子ロードレースは12月20日、岡山市の岡山県総合グラウンド陸上競技場をスタート・フィニッシュとするコースで行われ、ハーフマラソンは東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が激突。序盤から外国勢にただ1人食らいつく積極的なレースを展開した一山が、1時間10分17秒で日本人トップの3位に入った。優勝はゼイトナ・フーサン(デンソー)で1時間9分24秒、2位は4秒差でキプケモイ・ジョアン(九電工)。前田は1時間10分39秒で9位だった。 ハーフの部は午前10時にスタート。一山は11月22日の全日本実業団対抗女子駅伝で最長10.9kmの3区を区間3位(34分38秒)、2週間後の日本選手権10000mでは31分11秒56(日本歴代6位)で2位と、レース続きの中での出場。タイムは伸び悩んだが、きっちりと結果を残した。 一方の前田は、全日本実業団女子駅伝は同じ3区ながら区間8位どまり。1ヵ月のスパンで臨んだレース。序盤から第2集団でレースを進め、最後までまとめる走りだった。 一山、前田はともに1月末の大阪国際女子マラソン出場の意向を示している。東京五輪ではともに世界と戦う仲間だが、個人としてはライバル。本番を見据え、国内レースで互いに磨き合う。 ◆ハーフマラソンの部上位結果 1)ゼイトナ・フーサン(デンソー) 1.09.24 2)キプケモイ・ジョアン(九電工) 1.09.28 3)一山麻緒(ワコール) 1.10.17 4)原田紋里(第一生命グループ) 1.10.21 5)小笠原朱里(デンソー) 1.10.25 6)和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 1.10.26 7)安藤友香(ワコール) 1.10.28 8)阿部有香里(しまむら) 1.10.29 9)前田穂南(天満屋) 1.10.39 10)中尾有梨沙(メモリード) 1.10.40

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top