月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】総合力高めた世羅が5年ぶり2度目頂点 ムッソーニが区間新の激走/全国高校駅伝


◇全国高校駅伝(12月20日/京都・たけびしスタジアム京都)

全国高校駅伝の女子が12月20日に京都で行われ、世羅(広島)が1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。

「開催されたことに感謝したい」と優勝した世羅の中川久枝監督。多くの選手たちから同じ言葉を聞いた。前評判では連覇を狙う仙台育英(宮城)と、前々回優勝の神村学園(鹿児島)の一騎打ちの様相を呈していた。世羅にとっても、一番の目標は1時間8分台で8位以内。だが、主将で1区を務めた山際夏芽(3年)は「この1年、優勝を目標にしてきた」と堂々話す。

 前回、1、2年生のみで12位だった世羅。前回同様1区の山際は「最初は落ち着いて入りました。ラスト1kmでレースが動くと思っていた」と冷静なレース運びを見せ、「とにかく仙台育英と神村学園を見える位置で渡そうと思った」と、区間4位で中継。続く加藤小雪(3年)が区間10位、3区の細迫由野(2年)が区間12位で粘り9位4区へ。中川監督が「よく走ってくれた」という加藤美咲(3年)は1人抜いて8番手まで上がった。

「調子が良かった」というアンカーのテレシア・ムッソーニ(3年)が驚異的な走りを見せる。1人、また1人と順位を上げると、先頭を行く神村学園に3km過ぎに追いつくと、別次元の走りを見せて差を広げた。5kmをなんと男子並みの14分37秒の区間新記録。ちなみに、今季の5000mの世界ランキングで6位相当という破格のタイムだ。総合力とエースの力で、1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝だった。

 長くチームを率いた岩本真弥監督が2年前に退任。伝統を引き継ぎながら新しいスタートを切った。山際は「岩本先生に頼ってしまっていた部分があったので、自律できるようにチームを作ってきた」と話す。主将として「月に1回ミーティングをして、チーム全員で目標を設定してきました」と、一体感を持って都大路に臨んだ。

 ムッソーニは日本語も流ちょうで、「先生方、チームメイト、地域の方々に感謝したい」と第一声。中川監督は「練習に関しては選手たちが考えながら、コーチ陣たちと一緒になってやってくれていました」と称える。新たな歴史を切り開いた女子の世羅。優勝9回を誇る男子のように、強豪として優勝回数を重ねていくつもりだ。

■世羅の優勝記録
世羅(広島) 1時間7分13秒
1区 山際夏芽(3年) 19.48=区間4位
2区 加藤小雪(3年)13.19=区間10位
3区 細迫由野(2年)10.03=区間12位
4区 加藤美咲(3年)9.26=区間5位
5区 テレシア・ムッソーニ(3年)14.37=区間1位、区間新



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com