月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】リオ五輪代表・35歳の佐々木悟が現役引退「恵まれた競技人生だった」/福岡国際マラソン


◇福岡国際マラソン(12月6日/平和台陸上競技場発着)

2016年リオデジャネイロ五輪マラソン代表の35歳・佐々木悟(旭化成)が、福岡国際マラソンで現役を引退。最後のマラソンは2時間14分29秒の20位だった。佐々木は秋田工高から大東大を経て2008年に旭化成へ。高校時代から全国高校駅伝に出場するなど活躍し、箱根駅伝では1年から3年まで5区を務めた。2014年のびわ湖毎日マラソンでは日本人トップの2位。15年の福岡国際マラソンで、一般参加ながら日本人最高順位の3位に入りリオ五輪代表に選出された。リオ五輪では16位だった。

派手さはないが堅実な走りで駅伝・マラソンで活躍。特に名門・旭化成が苦戦している中でオリンピック出場を果たした功績を大きい。「オリンピックにも出られて恵まれた競技人生だった」と佐々木。今後は未定だが「何らかのかたちで陸上に携わっていきたい」としている。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com