月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】女子3000m障害は石澤が日本歴代4位の9分48秒76で2年ぶりV/日本選手権


◇日本選手権・長距離(12月4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪の選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、女子3000m障害は石澤ゆかり(エディオン)が日本歴代4位となる9分48秒76の自己新で制した。

「自分のレースができたと思います。ここ2年間は低迷していたのですが、成果が出せたと思います」と石澤。

序盤は大東大の秋山祐妃らが先頭集団で1000mを3分17秒で通過する。その後、前回優勝の吉村玲美(大東大)、石澤ゆかり(エディオン)らが入れ替わり、2000mが6分34秒で石澤が先頭に立つ。その後は吉村、山中柚乃(愛媛銀行)が追う。

石澤がペースアップし、吉村との一騎打ちとなったが、残り2周を切ってからのバックストレートで吉村が転倒。「後半を意識していた」という石澤がリードを広げ、自己記録を更新して制した。

最初の1000mは後ろからのレースになったが、「残りの2000mは自分が一番強い」といいきかせて臨んだ石澤。夏場から駅伝用に長い距離を踏んできたことで「後半の強さにつながったと思います」と勝因を挙げる。

東京五輪の参加標準記録9分30秒00には届かなかったが、確かな成長を見せた石澤。「これまで相手を意識し過ぎて自分のレースができなかたが、自信を持てるようになりました」と収穫を得た。まだまだスピードが課題。「今後は世界レベルのスピードについていけるような土台を、時間をかけて作っていきたい」と来季を見据えていた。

また、転倒した吉村が追い上げて9分49秒45で2位。「優勝できず、自己記録も更新できなかったので悔しい」。転倒については「なぜ踏み切りが合わなかったがわかりませんが、少しのズレが重なった」と振り返る。日本選手権に向けて「磨き上げてこられていた」と調子が良かっただけに悔しさが募る。来年の日本選手権まで半年。「自分の課題を見つめ直す機会になった。プライドを強く持って臨みたい」と語った。

3位に入った藪田裕衣(大塚製薬)は9分52秒19で日本歴代7位にランクインした。

■女子3000m障害
9.48.76石澤 ゆかり(エディオン)
9.49.45吉村 玲美(大東大)
9.52.19藪田裕衣(大塚製薬)
9.53.61山中 柚乃(愛媛銀行)
9.55.01西出 優月(関西外大)
9.58.12吉川 侑美(ユニクロ)
10.07.05西山未奈美(松山大)
10.10.61瀬川 帆夏(シスメックス)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com