月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】連覇狙う日本郵政・廣中が1区で爆走! 圧巻の区間賞/クイーンズ駅伝


◇全日本実業団対抗女子駅伝(11月22日/宮城県)

実業団の駅伝ナンバーワンを決める全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が行われ、1区で廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)が圧巻の走りを見せた。

スタートから飛び出した廣中は、序盤こそエディオンの萩谷楓がついたもののあっという間に差が広がる。ラスト1kmで30秒以上も2位集団に差をつけた。昨年より600m延びた7.6kmだが、7km通過時点で昨年自身が作った区間記録21分32秒を上回る走り。23分21秒と圧巻の区間賞で、2位のヤマダホールディングスに31秒の差をつけた。

ライバルと目される積水化学が32秒差の3位、ダイハツが35秒差で4位と続いている。天満屋は1分55秒遅れの18位で中継した。

廣中は高卒2年目。中学、高校と駅伝で無類の強さを誇ってきた。今季は5000mで日本歴代3位の14分59秒37をマーク。すでに5000mで東京五輪の参加標準記録を突破しており、12月4日の日本選手権で勝てば五輪代表に内定する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com