HOME 駅伝

2024.06.24

今秋の出雲駅伝出場チームが確定! 単独校最多は駒大の30回 岡山大が初出場 鹿屋体大は05年、名大は06年以来の参戦
今秋の出雲駅伝出場チームが確定! 単独校最多は駒大の30回 岡山大が初出場 鹿屋体大は05年、名大は06年以来の参戦

23年出雲駅伝で一斉にスタートするランナーたち

6月23日、全日本大学駅伝西学連出場校選考会が第36回出雲全日本大学選抜駅伝(出雲駅伝)の選考を兼ねて開催され、1位の関大が出場権を獲得。この結果、10月14日に開催される出雲駅伝の出場全21チームが決定した。

出雲駅伝の出場チームは前回大会の成績により、各地区学連に出場枠を分配。関東地区は10枠と変わらず、中四国地区が3枠、関西地区が2枠となり、その他の地区は1枠が与えられている。

代表校は主に昨年度の地区大学駅伝の結果から出場校が決定し、関東学連は今年1月の箱根駅伝で上位10位までに入った学校が出場する。また、北海道、東北、北信越の3地区は今年も学連選抜チームを編成することが決まっている。

単独校での最多出場は30回の駒大。前回は大会新で2連覇を飾り、今年度は史上4校目の3年連続優勝を目指す。1月の箱根を制した青学大は太田蒼生(4年)など昨年度のメンバーが多く残り、優勝すれば6年ぶりの出雲制覇となる。19年の優勝校・國學院大はマラソンで活躍した平林清澄(4年)がチームを牽引。スピード駅伝でどのようなタスキリレーを見せるか注目が集まりそうだ。

関東地区以外では、前回より1枠増となった中四国地区から岡山大の初参戦が決定。同地区からは広島大も出場するほか、九州地区の鹿屋体大が2005年以来、東海地区の名大が2006年以来の出場を決めており、国立大4校が出雲路を駆け抜ける。

また、米国のハーバード大やコロンビア大などで編成されるアイビーリーグ選抜チームが今年も出場を予定している。

2024出雲全日本大学選抜駅伝出場校

6月23日、全日本大学駅伝西学連出場校選考会が第36回出雲全日本大学選抜駅伝(出雲駅伝)の選考を兼ねて開催され、1位の関大が出場権を獲得。この結果、10月14日に開催される出雲駅伝の出場全21チームが決定した。 出雲駅伝の出場チームは前回大会の成績により、各地区学連に出場枠を分配。関東地区は10枠と変わらず、中四国地区が3枠、関西地区が2枠となり、その他の地区は1枠が与えられている。 代表校は主に昨年度の地区大学駅伝の結果から出場校が決定し、関東学連は今年1月の箱根駅伝で上位10位までに入った学校が出場する。また、北海道、東北、北信越の3地区は今年も学連選抜チームを編成することが決まっている。 単独校での最多出場は30回の駒大。前回は大会新で2連覇を飾り、今年度は史上4校目の3年連続優勝を目指す。1月の箱根を制した青学大は太田蒼生(4年)など昨年度のメンバーが多く残り、優勝すれば6年ぶりの出雲制覇となる。19年の優勝校・國學院大はマラソンで活躍した平林清澄(4年)がチームを牽引。スピード駅伝でどのようなタスキリレーを見せるか注目が集まりそうだ。 関東地区以外では、前回より1枠増となった中四国地区から岡山大の初参戦が決定。同地区からは広島大も出場するほか、九州地区の鹿屋体大が2005年以来、東海地区の名大が2006年以来の出場を決めており、国立大4校が出雲路を駆け抜ける。 また、米国のハーバード大やコロンビア大などで編成されるアイビーリーグ選抜チームが今年も出場を予定している。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/137692

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top