HOME 国内

2024.06.23

十種競技・丸山優真が圧巻の自己新V2!4月に膝負傷も日本代表の貫禄/日本選手権混成
十種競技・丸山優真が圧巻の自己新V2!4月に膝負傷も日本代表の貫禄/日本選手権混成

24年日本選手権混成の男子十種競技で2連覇を飾った丸山優真(住友電工)

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)2日目

パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技が行われ、男子十種競技は丸山優真(住友電工)が連覇を達成した。7870点は日本歴代6位の自己記録(7844点)を更新。それでも「パリ五輪を目指していたので、現実的に難しくなったのは悔しい」と話す。

4月の試合で左膝を負傷。外側側副靱帯損傷、半月板損傷、亀裂骨折、骨挫傷と診断された。それでも初日を3903点の3位で折り返すと、2日目の110mハードルは14秒27(+0.4)の全体トップ、棒高跳では混成ベストの4m80をクリアした。

「棒高跳でケガをしたからこそ、正面から突っ込みたかった」。トラウマにしたくない。そういう思いで立ち向かい、見事に自己新へとつなげた。

「自信がある」と話していたやり投では64m65の自己新。1500mは「全体のベストを出せるペース」を守って走り抜いた。

膝に違和感はありつつも「痛みに鈍感なんで」と笑い飛ばす丸山。日大時代に胸椎分離で治るかどうかもわからないところから復活した経験を持つだけに、「それに比べれば」と言う。

ケガを抱えながらも圧巻の連覇。「この状態で自己ベストが出たのはベースが上がっている証」。特に冬に訪れたエストニアで刺激を受けて意識も変化。それでも、持てる潜在能力を考えれば8000点に“まだ”届いていないし、“もっと”上を目指せる選手。それは自身ももちろん自覚している。

「まずはしっかりケガを治すこと。夏と秋に2試合海外で出場して、冬はエストニアにずっと行ってトレーニングするつもりです。環境にこだわって、来年の東京世界選手権に出たい。やっぱり標準記録を切って出ないと勝負にならない」

これまで以上に“本気”で世界と戦うための礎を築いていく。

2位には左脛の疲労骨折から戻ってきた奥田啓祐(ウィザス)が7717点で続いた。「東海大に戻ったことで環境が変わって原点に戻れた」と言い、「戻ってきたぞ、と。宣戦布告です」と再びの8000点超え、そして世界選手権出場へ反撃の狼煙を上げた。

3位は今季好調の森口諒也(オリコ)で、初日はトップで折り返した。総合は7482点のベストで、「来年こそは」と気持ちを新たにしていた。

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)2日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技が行われ、男子十種競技は丸山優真(住友電工)が連覇を達成した。7870点は日本歴代6位の自己記録(7844点)を更新。それでも「パリ五輪を目指していたので、現実的に難しくなったのは悔しい」と話す。 4月の試合で左膝を負傷。外側側副靱帯損傷、半月板損傷、亀裂骨折、骨挫傷と診断された。それでも初日を3903点の3位で折り返すと、2日目の110mハードルは14秒27(+0.4)の全体トップ、棒高跳では混成ベストの4m80をクリアした。 「棒高跳でケガをしたからこそ、正面から突っ込みたかった」。トラウマにしたくない。そういう思いで立ち向かい、見事に自己新へとつなげた。 「自信がある」と話していたやり投では64m65の自己新。1500mは「全体のベストを出せるペース」を守って走り抜いた。 膝に違和感はありつつも「痛みに鈍感なんで」と笑い飛ばす丸山。日大時代に胸椎分離で治るかどうかもわからないところから復活した経験を持つだけに、「それに比べれば」と言う。 ケガを抱えながらも圧巻の連覇。「この状態で自己ベストが出たのはベースが上がっている証」。特に冬に訪れたエストニアで刺激を受けて意識も変化。それでも、持てる潜在能力を考えれば8000点に“まだ”届いていないし、“もっと”上を目指せる選手。それは自身ももちろん自覚している。 「まずはしっかりケガを治すこと。夏と秋に2試合海外で出場して、冬はエストニアにずっと行ってトレーニングするつもりです。環境にこだわって、来年の東京世界選手権に出たい。やっぱり標準記録を切って出ないと勝負にならない」 これまで以上に“本気”で世界と戦うための礎を築いていく。 2位には左脛の疲労骨折から戻ってきた奥田啓祐(ウィザス)が7717点で続いた。「東海大に戻ったことで環境が変わって原点に戻れた」と言い、「戻ってきたぞ、と。宣戦布告です」と再びの8000点超え、そして世界選手権出場へ反撃の狼煙を上げた。 3位は今季好調の森口諒也(オリコ)で、初日はトップで折り返した。総合は7482点のベストで、「来年こそは」と気持ちを新たにしていた。

男子十種競技日本歴代10傑をチェック!

8308 右代啓祐(スズキ浜松AC) 2014. 6. 1 8180 中村明彦(スズキ浜松AC) 2016. 6.12 8008 奥田啓祐(第一学院高教) 2022.10. 9 7995 金子宗弘(ミズノ) 1993. 5.14 7871 松田克彦(富士通) 1993. 6.12 7870 丸山優真(住友電工) 2024. 6.23 ←NEW 7803 田中宏昌(モンテローザ) 2006. 6.25 7788 池田大介(WIND UP AC) 2009. 8.20 7764 田上駿(順大M2) 2021. 5. 3 7725 音部拓仁(富士通) 2015. 7. 5

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top