HOME 国内

2024.06.05

NEWS
東京世界陸上の競歩代表選考方針を発表 パリ五輪の結果での即時内定は行わず
東京世界陸上の競歩代表選考方針を発表 パリ五輪の結果での即時内定は行わず

24年日本選手権20km競歩の様子

日本陸連は6月5日に第91回理事会を開き、来年の東京世界選手権における競歩種目の日本代表の選考方針について承認を得た。

種目は男女の20kmと35kmで、世界陸連(WA)はすでに参加標準記録を発表。20kmは男子が1時間19分20秒、女子は1時間29分00秒、35kmは男子は2時間28分00秒、女子は2時間48分00秒となっている。

なお、パリ五輪メダリスト(※複数の場合は日本人最上位)が東京世界選手権に内定することがすでに発表されているが、競歩種目においては「内定は行わない」ことを決めた。

これについて、山崎一彦・強化委員長は前提として「オリンピックでひと区切りということで、新しく次の強化がスタートする」という考えを示し、「競歩に関してはマラソンと違って種目特性として年間数レースできる、ということもあり一度リセットする」と理由について説明した。

選考競技会は35kmが今年10月27日の第108回日本選手権35km競歩(山形・高畠)、20kmは来年2月16日の第108回日本選手権20km競歩(兵庫・神戸)が対象となるが、「24年度、25年度の競技日程が確定した後に追加することがある」とした。

選考競技会について、過去の35km競歩の日本選手権は全日本競歩輪島大会で行われてきたが、今年1月に発生した能登半島地震の影響により、まだ開催のメドが立たない状況。それもあり、10月の高畠競歩で35km競歩の日本選手権を開催。選考競技会として設定する方向で承認された。今後、東京世界選手権の参加資格が明確にWAから発表され次第、内定条件を定める。

東京世界選手権は2025年9月13日(土)から21日(日)まで、東京・国立競技場を舞台に行われる。

日本陸連は6月5日に第91回理事会を開き、来年の東京世界選手権における競歩種目の日本代表の選考方針について承認を得た。 種目は男女の20kmと35kmで、世界陸連(WA)はすでに参加標準記録を発表。20kmは男子が1時間19分20秒、女子は1時間29分00秒、35kmは男子は2時間28分00秒、女子は2時間48分00秒となっている。 なお、パリ五輪メダリスト(※複数の場合は日本人最上位)が東京世界選手権に内定することがすでに発表されているが、競歩種目においては「内定は行わない」ことを決めた。 これについて、山崎一彦・強化委員長は前提として「オリンピックでひと区切りということで、新しく次の強化がスタートする」という考えを示し、「競歩に関してはマラソンと違って種目特性として年間数レースできる、ということもあり一度リセットする」と理由について説明した。 選考競技会は35kmが今年10月27日の第108回日本選手権35km競歩(山形・高畠)、20kmは来年2月16日の第108回日本選手権20km競歩(兵庫・神戸)が対象となるが、「24年度、25年度の競技日程が確定した後に追加することがある」とした。 選考競技会について、過去の35km競歩の日本選手権は全日本競歩輪島大会で行われてきたが、今年1月に発生した能登半島地震の影響により、まだ開催のメドが立たない状況。それもあり、10月の高畠競歩で35km競歩の日本選手権を開催。選考競技会として設定する方向で承認された。今後、東京世界選手権の参加資格が明確にWAから発表され次第、内定条件を定める。 東京世界選手権は2025年9月13日(土)から21日(日)まで、東京・国立競技場を舞台に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top