HOME 高校

2024.05.27

橋本詩音2年連続跳躍2冠、三段跳は12m61の県高校新 佐野釉梨が短距離3冠 浅井惺流110mH&八種競技を制覇/IH静岡県大会
橋本詩音2年連続跳躍2冠、三段跳は12m61の県高校新 佐野釉梨が短距離3冠 浅井惺流110mH&八種競技を制覇/IH静岡県大会

橋本詩音(静岡雙葉)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

静岡県大会は5月24日~26日の3日間、小笠山総合運動公園エコパスタジアムで行われ、各種目で好勝負が演じられた。

女子跳躍の橋本詩音(静岡雙葉3)は2年連続で2冠に輝いた。大会初日の走幅跳は有効試技4本すべてが6mオーバーという安定感が光り、6m12(+1.0)の自己新V。3日目の三段跳は1回目に12m31(±0)で自己記録を塗り替えると、2回目に12m45(+1.5)、6回目に12m61(+0.4)と記録を伸ばして圧勝。優勝記録は大会新かつ、従来の記録を1cm上回る県高校新記録でもあった。

橋本は「助走のスピードがしっかり乗せてこれるようになったことが大きい。去年の11月から今年3月まで走り込んだり、走り方を変えたりしたことが間違っていなかったです」と満足げに語りつつ、「三段跳はこんなに跳べるとは思っていませんでした」と笑顔を見せた。

昨年は本職の走幅跳で6m05と県大会を制したが、東海大会はまさかの10位。「大事な試合で勝てるように常に意識して練習してきた」と話す橋本は、インターハイ制覇を見据えつつ、東海大会もきっちりと戦っていくつもりだ。

女子短距離の佐野釉梨(静岡市立3)は100mを11秒89(+0.1)、200mを24秒53(-0.9)とスプリント2種目に加え、アンカーを務めた4×100mリレーも46秒97で制して3冠を達成。3走に入った最終種目の4×400mリレーも2位に食い込むなど、3日間で10レースに出走する大車輪の活躍を見せた。佐野は「まだ完璧とは言えませんが、1歩前進した感じ」と手応えをつかんだ様子だった。

その佐野に先着されたものの、小針陽葉(富士市立3)が100m(11秒98/+0.1)と200m(25秒00/-0.9)でいずれも2位。1年生だった2年前のインターハイは、スプリント2種目で2位に入ったが、昨年は東海大会以降、度重なる故障に苦しんだ。小針は「本格的に練習を始めてまだ1ヵ月。半年ぶりのレースで不安だった」と明かしたが、「脚もまったく問題なくて、良い感じで終われました」と安堵の表情だった。

女子ハンマー投では鈴木菜摘(浜松湖北3)が2投目で50m58の大会新記録で制している。

男子では、110mハードルで昨年のインターハイ6位の浅井惺流(東海大翔洋3)が準決勝で14秒27(+0.6)と大会記録を更新。決勝は14秒44(-1.1)で初優勝を飾り、5421点で頂点に立った八種競技とともに2冠に輝いた。

400mの大石亮太(浜松開誠館3)は47秒32で2連覇。走幅跳は7m50台の自己記録を持つ奥澤真(浜松西3)と成川倭士(東海大翔洋3)がハイレベルな争いを見せたが、6回目に7m39(+0.1)を跳んで逆転した奥澤が3cm差で成川に競り勝った。成川は1回目の跳躍のみでパスをしている。

砲丸投の杉本紘一朗(藤枝明誠3)は1投目に14m34でトップに立つと、4投目に15m47と伸ばして優勝。2位に1m64cm差つけたものの、「16mや大会記録(16m23)を狙っていたので悔しいです」と満足してはいなかった。最終種目の4×400mリレーでは、4人中3人が1、2年生という若い布陣の日大三島が3分14秒89の好タイムで3年ぶり2度目の優勝を果たした。

学校対抗の男子は、浜松商、東海大翔洋、藤枝明誠の3校が1.5点差以内にひしめく混戦となり、36.5点を獲得した浜松商が5年ぶりの総合優勝。女子は1500mと3000mの2冠に輝いた大谷芽以(2年)らの活躍で52点を獲得した浜松市立が優勝した。

東海大会は6月14日から3日間、岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。

文/小野哲史

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 静岡県大会は5月24日~26日の3日間、小笠山総合運動公園エコパスタジアムで行われ、各種目で好勝負が演じられた。 女子跳躍の橋本詩音(静岡雙葉3)は2年連続で2冠に輝いた。大会初日の走幅跳は有効試技4本すべてが6mオーバーという安定感が光り、6m12(+1.0)の自己新V。3日目の三段跳は1回目に12m31(±0)で自己記録を塗り替えると、2回目に12m45(+1.5)、6回目に12m61(+0.4)と記録を伸ばして圧勝。優勝記録は大会新かつ、従来の記録を1cm上回る県高校新記録でもあった。 橋本は「助走のスピードがしっかり乗せてこれるようになったことが大きい。去年の11月から今年3月まで走り込んだり、走り方を変えたりしたことが間違っていなかったです」と満足げに語りつつ、「三段跳はこんなに跳べるとは思っていませんでした」と笑顔を見せた。 昨年は本職の走幅跳で6m05と県大会を制したが、東海大会はまさかの10位。「大事な試合で勝てるように常に意識して練習してきた」と話す橋本は、インターハイ制覇を見据えつつ、東海大会もきっちりと戦っていくつもりだ。 女子短距離の佐野釉梨(静岡市立3)は100mを11秒89(+0.1)、200mを24秒53(-0.9)とスプリント2種目に加え、アンカーを務めた4×100mリレーも46秒97で制して3冠を達成。3走に入った最終種目の4×400mリレーも2位に食い込むなど、3日間で10レースに出走する大車輪の活躍を見せた。佐野は「まだ完璧とは言えませんが、1歩前進した感じ」と手応えをつかんだ様子だった。 その佐野に先着されたものの、小針陽葉(富士市立3)が100m(11秒98/+0.1)と200m(25秒00/-0.9)でいずれも2位。1年生だった2年前のインターハイは、スプリント2種目で2位に入ったが、昨年は東海大会以降、度重なる故障に苦しんだ。小針は「本格的に練習を始めてまだ1ヵ月。半年ぶりのレースで不安だった」と明かしたが、「脚もまったく問題なくて、良い感じで終われました」と安堵の表情だった。 女子ハンマー投では鈴木菜摘(浜松湖北3)が2投目で50m58の大会新記録で制している。 男子では、110mハードルで昨年のインターハイ6位の浅井惺流(東海大翔洋3)が準決勝で14秒27(+0.6)と大会記録を更新。決勝は14秒44(-1.1)で初優勝を飾り、5421点で頂点に立った八種競技とともに2冠に輝いた。 400mの大石亮太(浜松開誠館3)は47秒32で2連覇。走幅跳は7m50台の自己記録を持つ奥澤真(浜松西3)と成川倭士(東海大翔洋3)がハイレベルな争いを見せたが、6回目に7m39(+0.1)を跳んで逆転した奥澤が3cm差で成川に競り勝った。成川は1回目の跳躍のみでパスをしている。 砲丸投の杉本紘一朗(藤枝明誠3)は1投目に14m34でトップに立つと、4投目に15m47と伸ばして優勝。2位に1m64cm差つけたものの、「16mや大会記録(16m23)を狙っていたので悔しいです」と満足してはいなかった。最終種目の4×400mリレーでは、4人中3人が1、2年生という若い布陣の日大三島が3分14秒89の好タイムで3年ぶり2度目の優勝を果たした。 学校対抗の男子は、浜松商、東海大翔洋、藤枝明誠の3校が1.5点差以内にひしめく混戦となり、36.5点を獲得した浜松商が5年ぶりの総合優勝。女子は1500mと3000mの2冠に輝いた大谷芽以(2年)らの活躍で52点を獲得した浜松市立が優勝した。 東海大会は6月14日から3日間、岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top