月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【200m】鶴田玲美が23秒17!日本歴代3位の快走/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日

女子200mで、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が衝撃の快走を見せた。スタートから鋭い加速を見せると、コーナーで他を圧倒。速報タイムは「22秒98」と出る。正式リザルトは23秒17(-0.1)。日本歴代3位の快走だった。

「最後の1本だったので悔いの残らない走りをしよう」。そう臨んだ決勝。100mでは優勝した兒玉芽生(福岡大)を「意識し過ぎてしまった」ため、「まずは自分のレースをしよう」と切り替えた。

23秒17。上には福島千里(現・セイコー)、髙橋萌木子(現・ワールドウィング)しかいない。「自己ベストは出るかと思っていましたが、23秒1台は正直驚いています」。鹿児島出身の鶴田は大東大を卒業して社会人1年目。インターハイ、インカレのタイトルもなし。働きながら新開浩一先生(鹿児島南高校)の元で高校生たちと汗を流している。

今季、一気に飛躍を遂げ、日本選手権も今回が初出場。100m、200mともに優勝候補に挙りつつ、「目標は決勝進出」を謙虚だった。兒玉とともに女子短距離新時代を担うスプリンターだが「まだ今年(成績が)良くなったばかりなので、あまりそのことは意識していません」と鶴田。「1年では意味がないので、来年も活躍できるように。まずは自分ができることをしていきます」。女子短距離の新星は、これからも変わらず、1段を階段を上っていく。

■女子200m成績(-0.1)
鶴田 玲美(南九州ファミリーマート)23.17
兒玉 芽生(福岡大)23.44
大石沙也加(セレスポ)23.78
齋藤 愛美(大阪成蹊大)23.86
吉田 紗弓(AC一宮)24.20
青山 聖佳(大阪成蹊AC)24.28
宮園 彩恵(国士大)24.29
髙島 咲季(青学大)24.35



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com