HOME 高校

2024.05.20

鈴木琉胤5000mで強さ見せるレース 市船橋4×100mR40秒26 土屋美潤が跳躍2冠 バログン200m24秒13/IH千葉県大会
鈴木琉胤5000mで強さ見せるレース 市船橋4×100mR40秒26 土屋美潤が跳躍2冠 バログン200m24秒13/IH千葉県大会

鈴木琉胤(八千代松陰3)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

千葉県大会は5月16日~19日の4日間、千葉市の県スポーツセンター陸上競技場で開催された。

最終日の男子5000mではスタートから先頭に立った鈴木琉胤(八千代松陰3)が13分56秒07で2連覇。1000m2分52秒、2000m5分44秒と自己ベスト(13分51秒52)と比べて、ややゆったりしたペースで入ったが、3200m過ぎからギアを1段階上げて独走した。

4000mの通過は、11分18秒とこの1000mを2分45秒で駆け抜けると、残り1000mも2分38秒でカバー。3年前の全中3000m覇者で、チームの全国高校駅伝2年連続3位に貢献しているエースは、「比較的余裕を持ちながら走って13分台を出したのは、次につながります。インターハイでは日本人トップだけでなく留学生相手にもチャレンジしていきたいという目標があるので、コンディションを崩さないようにして南関東大会を迎えたいです」と意気込んでいた。

この他の男子種目では4×100mリレーで市船橋が40秒26の大会新。2位の東海大望洋も40秒58と従来の大会記録(40秒63)を上回った。八種競技では宮下輝一(市船橋2)が5619点と12年ぶりに大会記録を更新。宮下はやり投(57m36)も優勝し、男子個人種目ではただ1人の2冠に輝いた。ハンマー投はU18大会覇者の鈴木駿星(長生3)が63m47で自己新Vを飾り、2位の米倉伸之助(成東3)も61m56と60mオーバーを果たしている。

100mでは馬原浩志郎(市船橋3)が10秒54(-0.8)で1位。2位には中学記録(10秒54)保持者のルーキー・片山瑛太(市船橋1)が10秒70で入った。400mは大田鷹生(専大松戸3)が47秒35でV。4×400mリレーは成田が3分12秒88で優勝した。

女子種目では、100mで杉本心結(市船橋3)が11秒91(-0.8)で1位。200mは1年生のバログン・ハル(市川)が高1歴代6位の24秒13(-1.2)で制した。4×100mリレーは杉本が2走に入った市船橋が46秒20で快勝。中長距離では横山桃花(市船橋2)が1500m(4分29秒51)、3000m(9分48秒38)の2冠を達成した。

フィールド種目では、土屋美潤(成田3)が走幅跳を6m03(+1.7)、三段跳は大会新の12m52(+1.8)で2種目V。ハンマー投は栗原莉央(木更津総合3)が大会新の49m28を放った。

学校対抗は市船橋が男女ともに総合優勝。トラック、フィールド、混成競技でいずれもトップに立ち、男子は137点、女子は167点を獲得した。

南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢競技場で行われる。

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 千葉県大会は5月16日~19日の4日間、千葉市の県スポーツセンター陸上競技場で開催された。 最終日の男子5000mではスタートから先頭に立った鈴木琉胤(八千代松陰3)が13分56秒07で2連覇。1000m2分52秒、2000m5分44秒と自己ベスト(13分51秒52)と比べて、ややゆったりしたペースで入ったが、3200m過ぎからギアを1段階上げて独走した。 4000mの通過は、11分18秒とこの1000mを2分45秒で駆け抜けると、残り1000mも2分38秒でカバー。3年前の全中3000m覇者で、チームの全国高校駅伝2年連続3位に貢献しているエースは、「比較的余裕を持ちながら走って13分台を出したのは、次につながります。インターハイでは日本人トップだけでなく留学生相手にもチャレンジしていきたいという目標があるので、コンディションを崩さないようにして南関東大会を迎えたいです」と意気込んでいた。 この他の男子種目では4×100mリレーで市船橋が40秒26の大会新。2位の東海大望洋も40秒58と従来の大会記録(40秒63)を上回った。八種競技では宮下輝一(市船橋2)が5619点と12年ぶりに大会記録を更新。宮下はやり投(57m36)も優勝し、男子個人種目ではただ1人の2冠に輝いた。ハンマー投はU18大会覇者の鈴木駿星(長生3)が63m47で自己新Vを飾り、2位の米倉伸之助(成東3)も61m56と60mオーバーを果たしている。 100mでは馬原浩志郎(市船橋3)が10秒54(-0.8)で1位。2位には中学記録(10秒54)保持者のルーキー・片山瑛太(市船橋1)が10秒70で入った。400mは大田鷹生(専大松戸3)が47秒35でV。4×400mリレーは成田が3分12秒88で優勝した。 女子種目では、100mで杉本心結(市船橋3)が11秒91(-0.8)で1位。200mは1年生のバログン・ハル(市川)が高1歴代6位の24秒13(-1.2)で制した。4×100mリレーは杉本が2走に入った市船橋が46秒20で快勝。中長距離では横山桃花(市船橋2)が1500m(4分29秒51)、3000m(9分48秒38)の2冠を達成した。 フィールド種目では、土屋美潤(成田3)が走幅跳を6m03(+1.7)、三段跳は大会新の12m52(+1.8)で2種目V。ハンマー投は栗原莉央(木更津総合3)が大会新の49m28を放った。 学校対抗は市船橋が男女ともに総合優勝。トラック、フィールド、混成競技でいずれもトップに立ち、男子は137点、女子は167点を獲得した。 南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢競技場で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top